• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

トレッスルズでのワールドツアーイベント開催二日前の9月7日。米国の祝祭日「レイバーデイ(Labor Day)」にあたる同日のローワーズでのセッションの映像を、先日お届けしました。

トレッスルズでの最新ツアーイベント情報&9月7日のローワーズセッション@2015年

今回も再び、同じ日にローワーズで撮影された映像がアップされたので、お届けします。今回の動画は、メジャーサーフボードブランド「チャネルアイランズ(Channel Islands)」のライダー特集。


スポンサーリンク


登場するサーファーは順に、アドリアーノ・デ・スーザ、パトリック・グダスカス、タナー・グダスカス、カイ・オットン、ナット・ヤング、ベサニー・ハミルトン、レイキー・ピーターソン、ケリー・スレーター。

一昔前、同ブランドは日本語で「チャンネル・アイランド」と呼ばれていましたが、日本語サイトを見ると「チャネルアイランズ」と記載されているので、読み方が変わったのですね。

動画とは全く関係ない話なのですが、10年ほど前、私はサーフィン関連の翻訳の仕事をしようと、英語サイトしかない海外サーフブランドに対し、日本語サイトを作らないかと営業メールを送っていた事があります。

サーフィン関連の翻訳の求人はまずないので、飛び込み営業しか手段がなかったためです。もちろん、返信がないのが大半なのですが、丁寧な返信を返してくれたブランドの一つがチャネルアイランズでした。

最終的に仕事に結びつくことはなかったのですが、非常に良い印象を受けたことを、ふと思い出しました。コミュニケーションって素敵ですね。って、完全に動画とは関係なくてすいません・・・。

フリーサーフの関連記事
  • ペルー
    ロングライド可能なレフトのポイントブレイクなら南米ペルー@2016/1
  • サイクロンスウェル狙いのニュージーランドで当てたバレル:ジェレミー・フローレス
  • 16歳でバックフリップをメイクしたブラジルの若手エアリアルマスター:ヤゴ・ドラ
  • ホールインワンからハイパフォーマンスサーフィンまで!ジュリアン・ウィルソンのJベイ
  • 「Epokhe」アンバサダーとなったブレンド・ギベンスへのウェルカム動画
  • 豪サンシャインビーチにベストスウェル到来となった2016年6月のセッション動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事