アルビーがエアーで片足を抜く妙技ありのマウイ島ローカルによるサマーセッション

シェア(記事を気に入ればお願いします)

マウイ島ローカルをフィーチャーしたシリーズ作品。スーパーハイパフォーマンスとなる第1~4弾の映像を、これまでお届けしてきました。

必見!市販作品クオリティのマウイ島ローカルによるエアリアルセッション

マウイ島ホノルア・ベイでのチューブライドのスローモーション映像

マウイ島ジョーズを代表するアルビー・レイヤーのチャージ特集

マウイ島ローカルが行くタバルア島(フィジー)のクラウドブレイク

今回の動画は、同シリーズの第五弾映像となります。ちなみに、今回が最終章となっています。その最終章にして、アルビー・レイヤーのエアリアルには、強烈な衝撃を受けることでしょう。


スポンサーリンク


マウイ島のサマーセッションとなる今回、前半がアルビーのみを大々的にフィーチャーした内容に始まり、後半は、カイ・バーガー、グランガー・ラーセン、デーゲ・オコンネルなどが登場。

見所は、先日イギリスのウェイブプール「サーフ・スノードニア」で開催されたイベントで優勝したばかりのアルビーですね。同イベントに関して、ジョーディ・スミスは「実力の高いサーファーが必ず勝つ」と言っていた通り、アルビーの才能は並外れています。

ウェイブプールで開催されたサーフイベント2015年度「レッドブル・アンリーシュド」

1:25~からはエアリアルでグラブした後にボードをスイングさせたり、2:40~からはすでに何度かメイクしたことのあるダブルアーリーウープを狙っています。

アルビー・レイヤーが人生2度目のアーリーウープ540メイク映像

最大の見所は3:20~から。何と、グラブエアーをしながら、片足だけボードから抜いてしまうのです。初めてこんなエアーを見ましたが、名前など付いていないことでしょう。

これが凄いエアーなのかどうかはさておき、空中での滞在時間が長いアルビーだからこそ可能となった感じがします。この人、本当にずば抜けたスキルと発想力の持ち主です。