スウォッチプロでのワイルドカード出場で最年少記録更新:キャロライン・マークス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

今シーズンのトレッスルズで開催されたウイメンズのワールドツアーイベント「スウォッチプロ」では、6×ワールドチャンピオンのステファニー・ギルモアが、会場入りまでしていたものの、長引く怪我の影響から、直前での棄権を発表。

そんなステフのリプレイスメントとして出場したのが、ウイメンズの最年少ワイルドカードとなったキャロライン・マークス「Caroline Marks」(13歳)。アメリカでは、未来のワールドチャンプ候補とも言われていますが、日本では知られていませんよね。

今回の動画は、そんなキャロラインをピックアップした映像となります。若干13歳という年齢は、日本ならば中学1年生といったくらいですね。そんな若さで、ワールドツアーイベントに出場したのですから驚きです。


スポンサーリンク


11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーターと同じく、フロリダ出身のキャロライン。なぜワイルドカードを与えられたかと言うと、やはりコンテストにおける成績がずば抜けているからです。

今年だけでも、NSSAやサーフィン・アメリカ・プライムにおいて、すでに11回もの国内タイトルを獲得しています。また、今年のUSオープンでは、プロジュニア部門で優勝。

WSLにおけるジュニアの年齢制限は、シーズン前年の12月31日時点で19歳以下のサーファーが対象。つまり、今年2015年シーズンを例に挙げると、2014/12/31時点で19歳なので、上限は20歳となります。

となると、キャロラインは13歳にして、体の出来上がっている主に10代後半のサーファーを相手に、優勝を果たしているのですから、いかに素晴らしい記録であるのかが分かります。

キャロラインのメインスポンサーは、フォックス(Fox)。ブルース・アイアンズ、チッパ・ウィルソン、ビード・ダービッジ、ダミアン・ホブグッドといった渋いライダーを抱えるチームです。

そんなキャロラインですが、ワイルドカード出場したスウォッチプロで使用したボードは、長さが5’2″だったとのこと。その長さを聞くと、まだまだ子供だなと感じますね。

今後、確実に台頭してくるウイメンズサーファーであるので、是非ともチェックして見て下さい。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)