メイソンも加わったリップカールのトップライダーによるハワイセッション

シェア(記事を気に入ればお願いします)

大手サーフブランドのリップカール。3×ワールドチャンピオンのミック・ファニングを筆頭に、数多くのワールドツアーサーファーをチームライダーとして抱えています。

今回の動画は、そんなリップカールのトップライダーによるフリーサーフ映像をお届けします。撮影地はハワイですが、ビッグバレルではなく、アクション系の波でのセッション。


スポンサーリンク


出演しているサーファーは順に、昨年2014年度ワールドチャンピオンのガブリエル・メディナ、オーウェン・ライト、マット・ウィルキンソン、メイソン・ホー。

今年からチームライダーとなったメイソンが、従来のリップカールライダーのイメージを、少し変化させたような気もします。ヤンチャな雰囲気がプラスされたといった感じで。

リップカールからのウェルカム動画:メイソン・ホー

世界のトップライダーたちのサーフ映像とあり、アクションのレベルは異次元ですね。オールラウンドなスキルが求められるWCTサーファーがほとんどなので、エアリアルも当たり前。

このレベルになると、「オレはパワーサーフィンが得意だから、エアーなんてやらないよ」なんてセリフは、通用しないためでしょう。

見所は、最後に登場するメイソン。相変わらずというか、ドライリーフのスポットでサーフしちゃってますし・・・。ちなみに、ドライリーフとは、海面から突き出てるためにドライ(水に濡れていない)な岩のこと。浅すぎるから、突き出ちゃってるわけで、メチャクチャ危険です・・・。