治安も良い中米のサーフパラダイス「コスタリカ」セッション:カルロス・ムニョス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

昨年2014年にトレッスルズで開催されたハーレープロのビデオトライアルで勝ち上がり、コスタリカ出身サーファーとしては初のワールドツアーイベント出場を果たしたカルロス・ムニョス「Carlos Munoz」(22歳)。

ビデオトライアルについては、オンラインの一般投票の形を取っていて、コスタリカのスポーツ界全体がカルロスをサポートする組織票で勝ち上がったとも言われていました。

しかし、悪い噂を払拭するかの如く、同イベントでは、当時のランキングトップだったガブリエル・メディナを破る結果を残したので、コスタリカのサーファーにとってはヒーロー的存在でしょう。

今回の動画は、そんなカルロスがホームであるコスタリカでフリーサーフする映像をお届けします。


スポンサーリンク


コスタリカと言えば、不朽の名作「エンドレスサマー2」でも登場したサーフデスティネーション。同作品でも登場したウィッチズ・ロック(Witch’s Rock)など、有名サーフスポットもありますね。

しかし、コスタリカ出身のサーファーと言えば、ほとんど知られていないですよね。カルロス・ムニョスについても、世界のサーフシーンから見れば、まだまだニューフェイスといった感じなので。

たまにカルロスのフリーサーフ映像を見ても、イメージとしては、若手らしいエアーをするサーファーといった程度で、印象に残るほどではありませんでした。

ただ、今回の映像を見ると、エアーはかなりイケるなと感じます。1:15~からのバックサイドのエアリバースなんかは、かなり高さもあり、迫力があります。

しかし、よくよく見ると、ほとんどのエアーは着地後に映像が切られています。昔のサーフムービーあるあるといった感じですが、映像が切られているという事は、コケているという事です。でも、インパクトはあるので使っているのでしょう。

ただ、一度でも世界で活躍するスターサーファーが登場すると、どの国であっても国内シーンは盛り上がってくるので、今後の中米も要チェックですね。最近では、ボルコムがラテンアメリカのサーファーをフィーチャーしたりと、注目しているサーフブランドも存在するので。

カルロス・ムニョスに関する過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

コスタリカのサーフスターによるセッション映像:カルロス・ムニョス

ラテンアメリカ出身サーファーによるノースショアセッション

ラテンアメリカ出身サーファーによるメキシコセッション

ラテンアメリカ出身サーファーによるコスタリカセッション

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)