プロサーファーだってワイプアウトは当たり前:ジョンジョン・フローレンス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

誰かにライディングを見られていると感じると、思わず力んでしまったり、クールに見せようとするあまり、ワイプアウトすることってありますよね。

特に、身近なサーフ仲間がパドルバックしている時に波に乗ろうものなら、良い所を見せようとしてしまいがちではないでしょうか。あまりにも小さすぎる自尊心ですが、昔の私はそうでした。

今回の動画は、そんなプライドなんか必要ないと思わせてくれるプロサーファーのワイプアウト映像をお届けします。フィーチャーされているサーファーは、世界トップレベルのジョンジョン・フローレンス「John John Florence」(22歳)。


スポンサーリンク


ジョンジョンと言えば、コンテストであってもフリーサーフ同様のアプローチを見せ、ギャラリーを沸かせてくれる数少ないサーファー。ホームであるオアフ島ノースショアでのバレルに加え、ミディアムサイズで見せるビッグエアーとリスクの高いアクションが魅力です。

そんな限界をプッシュし続けるジョンジョンなので、当然ながらワイプアウトも多いはず。とは言うものの、ジョンジョンのサーフ動画を見ると、どれもアクションをメイクした映像ばかり。

公に出す映像なので、ワイプアウト映像が未使用となるのは当たり前ですよね。そこで今回は、普段とは趣向の違ったワイプアウト映像集なのです。

ジョンジョンほどのサーファーであっても、これほどワイプアウトする事を知れば、少しは気が楽になりませんか?ワイプアウトしないで上手くなるサーファーはいません。

これからは、ワイプアウトや人目を気にせずにサーフしましょう。趣味であれば、自己満足のスポーツであるサーフィン。自分が楽しめるかどうかが、一番大切ですからね!

ジョンジョンのお勧め過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ジョンジョン・フローレンスの新作サーフムービー「View From A Blue Moon」予告編

スナッパーロックスでのフリーサーフ:ジョンジョン・フローレンス

コンテスト+フリーサーフィンのベスト映像:ジョンジョン・フローレンス

どこまでも潜り続けるダックダイブ(ドルフィンスルー)のやり方:ジョンジョン・フローレンス

2014年パイプマスターズ最終日直前のフリーサーフ:ジョンジョン・フローレンス

昨シーズンのヨーロッパでのフリーサーフ:ジョンジョン・フローレンス

ぶっ飛びアクション@ハワイ:ジョンジョン・フローレンス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)