タジ・バロウの遊び系ボードとして誕生したメイヘムのニューモデル「ベイビーバギー」

シェア(記事を気に入ればお願いします)

1998年にワールドツアー入りを果たし、現在までWCTサーファーとして第一線で活躍するベテランサーファーのタジ・バロウ「Taj Burrow」(37歳)。そんなタジの現ツアーランクは13位。

今月のヨーロピアンレグでランキングを上げてくるのかと思いきや、フランスとポルトガルで開催予定のツアーイベントに関しては、すでに欠場を発表しています。

なぜ欠場するかと言うと、この秋、タジにとって初めての子供が誕生するため。つまり、仕事よりも、新たな家族の誕生を優先させるのです。ステキな話ですよね。

今回の動画は、そんなタジにとって、こちらも新たな子供!?とも言えるニューボードに乗る映像をお届けします。


スポンサーリンク


タジのニューボードをシェイプしたのは、お馴染みとなっているロストサーフボードのメイヘム。今夏、タジがメイヘムへとニューモデルを依頼したそうです。

その内容は「短めの遊べるボードを頼む。でも、あまりフィッシュ系にしないで、従来のパフォーマンスモデルでね」との難しいリクエスト。その要望にメイヘムが答え、既存のビーチバギーをベースに、長さを3インチ短くして、幅を少し加えたタイプのニューモデルがベイビーバギー(Babby Buggy)。

ベイビーバギーの第一弾テストボードは、ツアーイベントでタヒチに滞在中のタジに届けられ、タジはタヒチのビーチブレイクでテストライドしたと言います。

すると、感触はかなりの高評価。その後、レールやテールの厚みなど、さらに微調整を加え、ベイビーバギーの完成に至ったとのこと。モデル名については、本当のベイビーが生まれるタジに最適ですね(笑)。

動画は、タジのホームであるオーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州で撮影されたものになります。タジが乗っているボードのサイズは、5’6” 18.63” 2.25”。ボリュームは25.05リッター。

タジの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ノースポイントでのインド洋からのビッグスウェルは?:タジ・バロウ

ツアーイベントにおけるタジ・バロウのサーフボード事情

ベルズ前の小波セッション:タジ・バロウ&カイ・オットン

2014年度パイプマスターズに参加しないことを表明したタジ・バロウ

ビッグウェイブで命がけの撮影:タジ&マーク

ローワーズでのウォームアップサーフ:タジ・バロウ

Dバーでのフリーサーフ:タジ・バロウ

Jベイでのコンテスト&フリーサーフィン:タジ・バロウ

Modomのライダーとなったタジ・バロウのフリーサーフ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)