• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

現地時間10月10日(フランス)、2015年度メンズWCT第九戦「クイックシルバー・プロ・フランス(Quiksilver Pro France)」のラウンド3が開催されました。

2015年度メンズWCT第九戦「クイックシルバー・プロ・フランス」:初日ハイライト

2015年度メンズWCT第九戦「クイックシルバー・プロ・フランス」:二日目ハイライト


スポンサーリンク


大きくサイズダウンした本日。ウイメンズイベントからスタートしたので、本日はウイメンズのみかと思いきや、メンズのラウンド3の全ヒートを終わらせてしまいました。

これまでのバレル勝負とは一変し、マニューバが必須となった本日。コンディションがこれほどまでに変わる事を考えると、やはりツアーサーファーは、オールラウンドなスキルがないと、安定して好成績を残すことが難しいのだと分かる一日でした。

タイトルレースから見ると、現ランキングトップのミック・ファニングと現ランク2位のアドリアーノ・デ・スーザはラウンドアップ。ただ、ミックは、かなり厳しいヒート展開を強いられることに。

ワイルドカード出場のマキシム・フスノットと対戦したミックは、ヒート終了間際までリードされていました。しかし、ヒート終了まで10秒を切った時に乗った波で、9ポイント台をマークして逆転。凄まじいまでの集中力でした。

本日のシングルハイエストスコア9.70ポイント、そして、トータルのハイエストスコア18.70ポイントを出したのは、昨年ワールドチャンピオンのガブリエル・メディナ。今シーズンの前半戦は調子の振るわなかったガブリエル。

後半戦になり、リズムに乗ってきましたね。本日叩き出した9.70ポイントは、得意のエアーなしのターンのみでのスコアだったので、とてもジャッジ基準を熟知したスマートなサーファーです。まだ、21歳なので、複数回のワールドタイトル獲得もあり得るかと思います。

今イベントにおいて、多くのファンが活躍を期待したケリー・スレーターとデーン・レイノルズは本日敗退。ケリーはスコアが低かったわけではないのですが、対戦相手のコロヘ・アンディーノが見せた高さのあるストレートエアーにヤラれちゃいました。

同イベントの詳細やライブについては、下記リンク先の公式サイトからチェックして見て下さい。

公式サイト「Quiksilver Pro France

本日の結果
・ラウンド3
Heat 1: Julian Wilson (AUS) 11.17 def. Brett Simpson (USA) 10.34

Heat 2: Jadson Andre (BRA) 13.17 def. Nat Young (USA) 12.97

Heat 3: Kolohe Andino (USA) 15.77 def. Kelly Slater (USA) 14.20

Heat 4: Italo Ferreira (BRA) 13.60 def. Keanu Asing (HAW) 13.10

Heat 5: Bede Durbidge (AUS) 18.37 def. Adrian Buchan (AUS) 17.40

Heat 6: Mick Fanning (AUS) 17.83 def. Maxime Huscenot (FRA) 16.04

Heat 7: Adriano de Souza (BRA) 14.17 def. Tomas Hermes (BRA) 12.73

Heat 8: John John Florence (HAW) 16.33 def. Kai Otton (AUS) 15.33

Heat 9: Jeremy Flores (FRA) 10.46 def. Michel Bourez (PYF) 10.14

Heat 10: Gabriel Medina (BRA) 18.70 def. C.J. Hobgood (USA) 14.23

Heat 11: Matt Wilkinson (AUS) 16.00 def. Josh Kerr (AUS) 12.50

Heat 12: Owen Wright (AUS) 14.83 def. Dane Reynolds (USA) 10.97

ハイライト(ウイメンズも含む)

シングルハイエストスコア9.70pt byガブリエル・メディナ

ヒート終了数秒前の逆転9.03ptライド byミック・ファニング

8.50ptのストレートエアー byコロヘ・アンディーノ

8.83ptライド byジョンジョン・フローレンス

コンテストの関連記事
  • 2017年CT第2戦「マーギーズプロ」情報!出場サーファー、ワイルドカード、波予報など
  • ついにゴーサインが下されたBWWTイベント~速報~
  • 2015年度メンズWCT第八戦「ハーレー・プロ」&ウイメンズWCT第七戦「スウォッチ・プロ」:三日目ハイライト
  • 五十嵐カノアがキーパーソン!パイプマスターズに委ねられた親友ジークの運命は?
  • ジェシー・メンデスが2017年QS6,000イベント@志田下で優勝後のQSランキング考察
  • ジョンジョン・フローレンス
    2016年の開催が迫った「ボルコム・パイプ・プロ」を振り返ってみよう

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事