ケリア・モニーツが語るログでチョープー(タヒチ)サーフの裏話

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フランスで現在開催中のWCTイベント「クイックプロ」&「ロキシープロ」。ツアーイベントでは、コンテスト開始前などに、コメンテーターデスクにサーファーが顔を出し、軽いインタビューを行う事が定番となっています。

今回の動画は、女性ロングボーダーとして2×ワールドチャンピオンのケリア・モニーツ「Kelia Moniz」(22歳)が同デスクに登場し、インタビューを受ける映像をお届けします。


スポンサーリンク


今回のウイメンズイベントは、ケリアのメインスポンサーであるロキシーが冠スポンサーを務めているため、フランスを訪れたというケリア。

フランスでのロキシー主催ビッグイベントは、ワールドツアーイベントだけでなく、ヨガ、ランニング、SUPの3つを複合させた女性向けフィットネスイベント「RUNSUPYOGA」も開催されました。

同イベントは、すでにバルセロナ(スペイン)、バリ島(インドネシア)、ハワイなど、世界各地で開催され、大盛況を博していると言います。このイベントに、ケリアもロキシーライダーとして参加したのです。ちなみに、同イベントは今週末土曜の17日、沖縄でも開催されます。

その後、少しサーフィン一家である家族の話に触れ、話はチョープー(タヒチ)でのチャージに及ぶことに。

チョープー(タヒチ)でロングボードでのチャージからライム消毒:ケリア・モニーツ

やはり話題となったのは、シングルフィンのロングボードでチャージした点。タヒチトリップは、ロキシーの商品撮影で訪れたと言います。しかし、チョープーローカルのライマナが、ケリアたちの乗るボートにやって来て、「オレのジェットスキーに乗れよ」と誘いだしたそう。

そして、波にJump(飛び乗った)したケリア。ライマナは「お前のジャンプが気に入った」とそそのかし、何度もチャージする事になったそうです・・・。

どんな背景があろうと、実際にログでチョープーにチャージしたケリア。ワイプアウトの連続だったとは言え、女性サーファーによるトライは、伝説として受け継がれることでしょう。

ケリアの過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

ロング片手にメキシコやタヒチと世界を飛び回りフリーサーフ:ケリア・モニーツ

髪色イメチェンで話題のケリア・モニーツを含むロキシーライダーサーフ

ケリア・モニーツが彼氏や仲間とカリフォルニアをロードトリップ:パート1

ケリア・モニーツが彼氏や仲間とカリフォルニアをロードトリップ:パート2

25周年のロキシーを代表する2×ロングボードウイメンズチャンプ:ケリア・モニーツ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)