• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

ウェイティングピリオド3日目にしてスタートとなったフランスでのWCTイベント。そこで気になるのは、レイデイ(Layday:コンテストのオフ日)の波はどうだったのかという点。

今回の動画は、コンディションが悪くて開催を見送ったウェイティングピリオド初日の映像をお届けします。登場するのは、ジュリアン・ウィルソンといったツアーサーファーたち。


スポンサーリンク


映像を見ると分かりますが、波はあるものの、かなりのジャンクコンディション。一般サーファーならば、入ろうとは思わないですよね。しかし、そこはコンテスト界のトップレベルに君臨するツアーサーファー。

トップアクションが狙えるセクションが少なくても、しっかりと見せ場を作ってきます。ただし、あくまでもメンズツアーサーファーのみが、遊べるコンディションですね。

波のパワーが凄そうなので、ボードを折ったりしないのかと余計な心配をしてしまいますが。何はともあれ、遊べるコンディションの幅が広がれば、上達するスピードも早くなるので、できるだけコンディションを問わず、サーフしなければならないと考えさせられます。

フリーサーフの関連記事
  • ローワーズでのウォームアップサーフ:タジ・バロウ
  • 若手トップフリーサーファーのノア・ディーンがボルコムに加入!ウェルカム動画と推定年俸など
  • WCTサーファーによるレイデイのフリーサーフ映像@2016年ポルトガル
  • 2ヶ月に渡るインドネシアトリップで当てた波の数々:ソリ・ベイリー
  • 絶好調ルーキーのコナー・コフィンによる最新動画@カリフォルニア&ハワイ&オーストラリア
  • ジョンジョン・フローレンスによる過去2年ほどのコンテストとフリーサーフ動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
Who is JOB 5.0:エピソード7
エンターテイメント
ついにスタートした今シーズンの「Who is JOB 5.0」。パイプラインを代表するサーファーのジェイミー・オブライエンを中心に、サーフシ...