現WCTランキング13位と、ブラジリアン大型ツアールーキーのウィゴリー・ダンタス「Wiggolly Dantas」(26歳)。エアリアルやブローテールといったトリックが得意なのはもちろんのこと、ブラジリアンとしては珍しくパワーサーフィンも際立っています。

そんなオールラウンドなサーフスタイルのおかげか、欧米系のオンラインメディアにおいても、頻繁にサーフ映像が取り上げられているウィゴリー。

今回の動画は、そんなウィゴリーが、ワールドツアーイベント「ハーレープロ」のためにサンクレメンテに滞在中、各所でフリーサーフする映像をお届けします。


スポンサーリンク

冒頭でのサーフシーンは、オーストラリアのスナッパーロックス同様、ワールドクラスのファンウェイブがブレイクするローワーズ(ローワー・トレッスルズ)。

ただ、ローワーズもスナッパーも、凄まじい混雑ぶりでも有名。ウィゴリーもまた、パドルバックしてくるサーファーと接触寸前のライディングを繰り返しています。

ウィゴリー本人は、しっかりと避けられると考えてのライディングでしょうが、パドルバックしているサーファーからしてみれば、かなりヒヤヒヤではないでしょうか。

2:01~からは、ザ・ウェッジでのサーフシーンも収録。ヘビーなショアブレイクが有名なだけに、基本的にはフィンの付いていないボディボーダーやボディサーファーの舞台として知られるザ・ウェッジ。そんなスポットにも入ってしまうウィゴリーの映像は必見ですね。

ウィゴリーの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ツアールーキーによるタヒチのビラボンプロでのフリーサーフ@2015:ウィゴリー・ダンタス

2015年度WCTメンズルーキー:ウィゴリー・ダンタス

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事