2015年度メンズWCT第十戦「モチェ・リップカール・プロ・ポルトガル」:最終日ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フィリペ・トレド ポルトガル

現地時間10月30日(ポルトガル)、2015年度メンズWCT第十戦「モチェ・リップカール・プロ・ポルトガル(Moche Rip Curl Pro Portugal)」が終了しました。優勝したのはフィリペ・トレド。

2015年度メンズWCT第十戦「モチェ・リップカール・プロ・ポルトガル」:初日ハイライト

2015年度メンズWCT第十戦「モチェ・リップカール・プロ・ポルトガル」:二日目ハイライト

2015年度メンズWCT第十戦「モチェ・リップカール・プロ・ポルトガル」:三日目ハイライト

2015年度メンズWCT第十戦「モチェ・リップカール・プロ・ポルトガル」:四日目ハイライト


スポンサーリンク


セットで頭半ほどのサイズがあったものの、かなりのトリッキーコンディションでスタートした本日。ラウンド5ヒート3からスタートしたのですが、クオーターファイナル終了まで、エクセレントレンジと呼ばれる8~10ポイントのスコアを出したのは、イタロ・フェレイラのみでした。

クオーター後、一時コンテストを中断して波が良くなるのを待ってから、セミファイナルが再スタート。しかし、セミにおいては、一人としてエクセレントレンジを出すことのないロースコアの展開。そんな中、フィリペとイタロのブラジリアンサーファーがファイナル進出を果すことに。

ファイナルでは、見応えの少なかったクオーターとセミとは一変し、凄まじいエアリアルが飛び出しました。まずは、フィリペのパーフェクト10。ブローテールからのリバースをメイクした直後のセクションでは、フルローテーションのエアリバースをメイク。

はっきり言って、ブローテールからのリバースだけでもハイスコアが出るはずなので、後は流せば良いだけに見えるのですが、さらに攻めるサーフィンを見せたフィリペ。エアリバースでワイプアウトしていたら、スコアにも響くだろうに、続けてエアリバースを狙ったのは、メイクできる自信が相当にあっての事でしょう。

イタロもまた、フィリペに負けないエアリアルを見せました。バックサイドとなるライトの波で、高さのあるビッグエアリバースをメイク。このエアリバース一発だけで9.93ポイントを叩き出しました。

二人共にとんでもないエアリアルを見せ、バックアップスコアも共に7ポイント台という僅差ではありましたが、ファイナルスタート直後にパーフェクト10を出したフィリペが逃げ切り、今シーズン3勝目を上げました。

今イベントの詳細やライブについては、下記リンク先の公式サイトからチェックして見て下さい。

公式サイト「Moche Rip Curl Pro Portugal

本日の結果
・ファイナル
1 – Filipe Toledo (BRA) 17.83

2 – Italo Ferreira (BRA) 17.13

・セミファイナル
SF 1: Filipe Toledo (BRA) 14.60 def. Brett Simpson (USA) 12.94

SF 2: Italo Ferreira (BRA) 13.37 def. Vasco Ribeiro (PRT) 9.10

・クオーターファイナル
QF 1: Filipe Toledo (BRA) 9.73 def. Joel Parkinson (AUS) 8.67

QF 2: Brett Simpson (USA) 10.54 def. Frederico Morais (PRT) 10.46

QF 3: Vasco Ribeiro (PRT) 13.34 def. Jeremy Flores (FRA) 8.17

QF 4: Italo Ferreira (BRA) 18.27 def. Gabriel Medina (BRA) 6.83

・ラウンド5
Heat 3: Vasco Ribeiro (PRT) 10.43 def. Michel Bourez (PYF) 9.77

Heat 4: Gabriel Medina (BRA) 9.26 def. Keanu Asing (HAW) 5.30

ハイライト

パーフェクト10@ファイナル byフィリペ・トレド

9.93ポイント@ファイナル byイタロ・フェレイラ