• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

ジェレミー・フローレス

サーフィン業界におけるメジャーブランドのクイックシルバー(Quiksilver)。ウエットスーツを始め、人気のリュックといった小物からアパレルラインまで揃った人気ブランドで、サーファー以外の方でも知っているサーフブランドではないでしょうか。

ワールドツアーにおいては、ゴールドコースト(オーストラリア)とフランスでのWCTイベント×2において冠スポンサーを務め、いかにビッグネームであるのかが分かるかと思います。

今回の動画は、そんなクイックシルバーのチームライダーによるフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク


メジャーブランドであることから、ライダー陣も豪華な顔ぶれ。今回の動画では、デーン・レイノルズ、ジェレミー・フローレス、マット・バンティング、マイキー・ライトといったレギュラーフッター、クレイグ・アンダーソンとウィゴリー・ダンタスのグーフィーフッターが登場。

一昔前であれば、クイックシルバーのウエットスーツ、チャネルアイランズのサーフボードを揃えるのがクールといった風潮もありましたね。11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーターの影響が大きかったと思いますが。

そんな巨大広告塔であったケリーがクイックシルバーから離れ、すでに一年以上経っていますね。

クイックシルバーを離れたケリー・スレーターの今後の展望とは?

ついにベールを脱いだケリー・スレーターのメンズアパレルブランド「Outerknown」

さて、動画に話を戻すと、個人的な見所はスローモーションとなる2つのアクション。まずは、0:24~からのジェレミーのバックサイドターン。頭の落とし方や体勢が参考になります。

続いては、0:31~からのデーン・レイルノズによるフロントサイドでのノーズピック(ボードのノーズを水中に沈め、ノーズを支点にしてフィンアウトさせたりするアクション)。これは参考になるレベルではないのですが、通常の再生スピードだと何がどうなっているのか分からないので、興味深いです。

登場サーファーの過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

クイックプロ2015@フランスでのフリーサーフ:デーン・レイノルズ

ローワーズ(カリフォルニア)入り前にメキシコでセッション:ジェレミー・フローレス

スムーズなクルージングスタイルでフリーサーフ:クレイグ・アンダーソン

ハワイ&Pパスでのフリーサーフ:マイキー・ライト

ザ・ウェッジにも入ったウィゴリー・ダンタスのサンクレメンテセッション

ツアーイベントの合間にホームセッション:マット・バンティング

フリーサーフの関連記事
  • ロブ・マチャドも登場するザ・ウェッジ@南カリフォルニアでのフリーサーフ
  • 来季はフランス代表WCTサーファーになるはずのジョアン・ドゥルによるホセゴーセッション
  • 2015年度WCTメンズルーキー:ウィゴリー・ダンタス
  • キャッチサーフから登場するチッパ・ウィルソンのシグネチャーモデル
  • ウエスタン・オーストラリア州でビラボントップライダーによるフリーセッション
  • バックフリップからビッグウェイブチャージまでこなすフリン・ノヴァック

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事