ケリー&ミックによるバレルのスーパーセッション動画@ポルトガル

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ケリー・スレーター ポルトガル

ポルトガルのサーフスポットの中で、最も有名なのはWCTイベントの開催地となっているスーパーチューボスではないでしょうか。名前の通り、凄まじいバレル(チューブ)がブレイクしますよね。

ただただ、ポルトガルのポテンシャルは計り知れません。今回の動画は、11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター、3×ワールドチャンピオンのミック・ファニングがコンテスト期間中にフリーサーフする映像となります。


スポンサーリンク


二人のセッションの舞台は、スーパーチューボスではなく、近場のサーフスポットとのこと。波はバレルを形成するほどのホローウェイブで、しかもサーファーが全然いません。

この映像を見たらすぐに、次のトリップ先はポルトガルだと考えるサーファーもいるかもしれませんね。フルスーツを着なければならないのは難点ですが、それ以上に魅力的ですから。

ミックのサーフシーンですが、これは先日お届けした動画と同じ時に撮影したものかと思います。

WCTイベント期間中に見つけたポルトガルの貸切サーフ:ミック・ファニング

ミックの貸切サーフとのキャプションがあったのですが、実はケリーもいたのですね。途中からセッションに加わったのかもしれませんが。

注目はケリーのボード。ボードメーカーを示すディケールが入っていません。が、ここ最近はよくあることです。トレッスルズでのハーレープロでもそうでしたし。

スポンサーであるチャネルアイランズのボードならば、確実にディケールは入っているはず。そのため、海外メディアで最も多い声は、ケリーのセルフシェイプじゃないのという声。

チョープーで開催されたビラボンプロでは、ジョシュ・カーがセルフシェイプのアシンメトリー(左右非対称ボード)に乗っていたりと、最近ではサーファーがセルフシェイプする例も増えているので、あり得るかもしれませんね。

ハンドシェイプのアシンメトリーに乗ってチョープーでヒート勝利:ジョシュ・カー