ジョンジョン・フローレンスの新作シグネチャーボードショーツ「PHANTOM JJF II ELITE」

シェア(記事を気に入ればお願いします)

各サーフブランドから発売されているボードショーツ(呼び名は時代時代で流行り廃りがあり、数年前はサーフトランクスと呼ばれている事が多かったですね)。

特に人気のボードショーツは、プロサーファーのシグネチャーモデルですね。憧れのヒーローと同じデザインのものを着用したいと願うのは、何もサーフィンに限った話ではないです。

今回の動画は、ハーレー(Hurley)からリリースされたジョンジョン・フローレンス「John John Florence」(23歳)の新作ボードショーツ「PHANTOM JJF II ELITE」の映像をお届けします。


スポンサーリンク


ジョンジョンと言えば、オアフ島ノースショアというヘビーウェイブの聖地で育ったことから、ビッグサイズのバレル(チューブ)などもお手の物ですね。

そんなジョンジョンのシグネチャーモデルのボードショーツということで、ヘビーコンディションにも耐えられるタフな作りになっているということです。

上記から分かる通り、カラーはカモフラージュ柄となっていますが、ハーレーのボードショーツやウエットスーツではお馴染みとなっている2本のラインがサイドに入り、スタイリッシュな仕上がりになっています。爆発的に大ヒットしそうな予感がしますね。

私はこれまでにいくつかのブランドのボードショーツを試して見ましたが、一番のお勧めはハーレー。ブランドによっては、素材のストレッチ性が高すぎてフニャフニャであったり、逆に固かったりと様々でしたが、ハーレーの素材感は程よくてお気に入りです。

このボードショーツを履けば、ジョンジョンみたいにサーフできる!!わけではないですが、チェックしてみてはいかがでしょうか。

ただし、一点だけ注意点が。いくらボードショーツ自体がタフで破れなくても、ハードコンディションであれば、下記記事のブルース・アイアンズのように脱げることはあり得るので注意(笑)。

ブルース・アイアンズが体験した人生最大級の赤っ恥

ジョンジョンのお勧め過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

日本でもプレミア試写会が!ジョンジョンのシグネチャームービー予告編のロングバージョン

これでもかとエアリバース連発のフリーサーフ動画:ジョンジョン・フローレンス

スナッパーロックスでのフリーサーフ:ジョンジョン・フローレンス

コンテスト+フリーサーフィンのベスト映像:ジョンジョン・フローレンス

どこまでも潜り続けるダックダイブ(ドルフィンスルー)のやり方:ジョンジョン・フローレンス

2014年パイプマスターズ最終日直前のフリーサーフ:ジョンジョン・フローレンス

昨シーズンのヨーロッパでのフリーサーフ:ジョンジョン・フローレンス

ぶっ飛びアクション@ハワイ:ジョンジョン・フローレンス