サーフブランド「Depacutas」によるライ・クレイクのライフスタイル動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ライ・クレイク

オーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州カルバリ出身のライ・クレイク「Ry Claike」(30歳)。近年ではメディア露出が少ないのですが、世界トップレベルのフリーサーファーであることは間違いないです。

若い頃は、エアリアルを競うエアーコンテストに専念したりと、根っからのフリーサーファー。とは言うものの、パワーフルなターンやビッグバレルも得意とするオールラウンドサーファーですね。

今回の動画は、そんなライのスポンサーであるDepactus(ディパクタス)がリリースした映像をお届けします。


スポンサーリンク


ライと言えば、クイックシルバーライダーのイメージが強いかと思います。ジュニア時代には、デーン・レイノルズやジェレミー・フローレスといったサーファーと共にトリップする「Young Gun」シリーズに出演していましたから。

しかし、現在のスポンサーはクイックシルバーではなく、Depactusに変わっていますね。Depactusとは、南カリフォルニア生まれのサーフアパレルブランド。

今年2015年に日本上陸を果たしたばかりなので、日本ではこれからといったブランドではないでしょうか。

さて、今回の動画ですが、ライのライフスタイルを切り取った映像といった印象を受けます。サーフィンと釣りが大好きというライ。本当に海に根付いた生活を送っているのが分かりますね。

動画でのアクションで印象的なのは、0:40~からのボトムターン。捻り込むような体勢でボードをターンさせ、リップに到達する時には垂直以上の角度となっています。

まだ10代であった頃のライのボトムターンを見たケリー・スレーターが、これは凄いと唸ったボトムターンだということも納得ですね。

0:57~では車のナンバープレートが映りますが、「GO RY」となっているナンバーに笑わせられました。

公式サイト「Depactus

ライ・クレイクの過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

ライ・クレイクによるインド洋でのライディング映像

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)