夏に来日したケリー・スレーターの様子を追った舞台裏動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ケリー・スレーター 日本

今年の夏、突如として鎌倉に登場した11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター「Kelly Slater」(43歳)。ビッグサプライズとして、SNSなどを通して大きな話題となりましたね。

今回の動画は、ケリー来日時の裏側を追った映像をお届けします。ケリーの慌ただしいスケジュールやファンサービスの様子をチェックすることができる内容となっています。


スポンサーリンク


ケリーの来日目的はご存知の方が多いと思いますが、長年のリレーションシップであったクイックシルバーとのスポンサーシップを解消してスタートさせた自身のブランド「Outerknown(アウターノウン)」のローンチパーティーのため。

今回の来日は10年振りとのこと。つまり、日本で最後に開催されたWCTイベント「クイックシルバー・プロ・ジャパン」以来ですね。アンディ・アイアンズとケリーのファイナルが今でも記憶に残っている方もいるのではないでしょうか。

ケリーが日本に滞在した時間は、わずか72時間。来日前は、ツアーイベントでJベイ(南アフリカ)に滞在していて、まずはドバイに飛んでから東京。日本国内では、東京から鎌倉に移動し、再びの東京となり、その後はツアーイベント開催地のタヒチへと飛んでいます。

そんなタイトなスケジュールのため、日常的に世界を飛び回るケリーでも、時差に苦しめられている様子。深夜12時近くから明け方4時まで睡眠を取って起床後、再び6時から9時まで寝ちゃったと語っています。

肉体的にもハードでありながら、スウェルが期待できる波予報が大きく変わってしまい、あまり波が期待できない鎌倉へ向かったケリー。やはり、ファンが期待するのはケリーのサーフィン。

疲れているにも関わらず、わざわざ東京から波の良くない鎌倉を訪れてまでサーフする姿を見せてくれるとは、ファンの心理をよく分かり、その期待に応えようとする気持ちが分かりますね。

最後に、Outerknownを立ち上げた理由を語るケリー。「僕ら(サーファー)って、日常的に最も自然に触れているんだ。世界中を一番旅して回っているのも僕らで、誰よりも(自然に)足跡を残しているかもしれない。だからこそ、自然に対する責任感を持たなきゃならないんだ」。

商品の値段を見ると少しお高いOuterknownのラインナップ。しかし、ケリーは明白な目的を持ち、同ブランドを立ち上げた事が分かりますね。果たして今後、Outerknownがどのように展開していくのか注目です。

ケリーのお勧め過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

来日で話題沸騰!シャークアタック後のJベイでフリーサーフ:ケリー・スレーター

ザ・ボックスでのフリーサーフ:ケリー・スレーター

ケリー・スレーターがお気に入りのチアシードを自ら路上販売

2013/2014シーズン「Oakley Wave of the Winter」を受賞したケリー・スレーター

ケリー・スレーターから学ぶパドリングの上達方法

オーストラリア東海岸で癖のある波にチャージするケリー・スレーター

ケリー・スレーターによるバレルハントinジャワ島

2013年度WCTメンズno.2:ケリー・スレーター

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)