2015年度トリプルクラウン第一戦「ハワイアン・プロ」:三日目ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

現地時間11月20日(ハワイ)、QS10,000イベントであるトリプルクラウン第一戦「ハワイアン・プロ(Hawaiian Pro)」が開催されました。本日は、ラウンド3ヒート5~ラウンド4ヒート6まで終了。

2015年度トリプルクラウンの日程@オアフ島(ハワイ)ノースショア

2015年度トリプルクラウン初戦「ハワイアン・プロ」予告編&波予報

2015年度トリプルクラウン第一戦「ハワイアン・プロ」:初日ハイライト

2015年度トリプルクラウン第一戦「ハワイアン・プロ」:二日目ハイライト


スポンサーリンク


予報通り、かなり厳しいサイズまで落ちた本日。たまのセットは胸肩くらいあったものの、腰前後のサイズがメインといったところでした。トリプルクラウンでこの波は、少し残念です。

まずは、ラウンド4ヒート2に登場した五十嵐カノアの情報から。ヒートを通してロースコアな展開だったのですが、そんな中でも現WCTサーファーのカイ・オットンと元WCTサーファーのティアゴ・ピレスが、しっかりとスコアを出し、ここでカノアは敗退となりました。

ハワイアン・プロ

ダークホースでありながら、本日のヒーローとなったのはコナー・オレアリー。昨年2014年度ワールドチャンプのガブリエルとのハイスコアマッチを制し、今イベントにおける現時点までのトータルハイエストスコアとなる18.24ポイントをマークしました。

ハワイアン・プロ

ちなみにコナーは、母親が日本人、父親がオーストラリア人のハーフと言うのも興味深いです。現WQSランクは9位なので、今イベントの結果次第では来シーズンのWCT入りを確定させる可能性があります。

いきなりスポットライトを浴びるサーファーがいる一方、早期敗退を喫するサーファーも。本日は、2013年にトリプルクラウンを制した経験を持つジョンジョン・フローレンスが、ラウンド4で敗退となっています。

今後は波が期待できないことから、明日がイベント最終日になると言われています。ハワイ時間の午前8時スタートならば、日本時間は夜中の2時。波が小さすぎるので、気合を入れて見るか!とは思えませんが・・・。

結果やライブ中継といったイベント詳細については、下記リンク先の公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Hawaiian Pro

本日の結果

・ラウンド4
H1: Stuart Kennedy (AUS) 15.27pts, Tomas Hermes (BRA) 14.47pts, Jeremy Flores (FRA) 13.90pts, Adrian Buchan (AUS) 12.67pts

H2: Kai Otton (AUS) 14.40pts, Tiago Pires (PRT) 12.10, Kanoa Igarashi (USA) 8.37pts, Alex Ribeiro (BRA) 8.17pts

H3: Michel Bourez (PYF) 13.00pts, Josh Kerr (AUS) 12.20, Wiggolly Dantas (BRA) 11.60, Billy Stairmand (NZL) 10.67

H4: Filipe Toledo (BRA) 16.57pts, Dusty Payne (HAW) 11.17pts, Brent Dorrington (AUS) 10.83pts, Deivid Silva (BRA) 8.73pts

H5: Ryan Callinan (AUS) 14.50pts, Ezekiel Lau 14.50pts, Nathan Yeomans (USA) 14.17pts, Sebastian Zietz (HAW) 13.33pts

H6: Tanner Gudauskas (USA) 11.03pts, Hizunome Bettero (BRA) 10.54pts, John John Florence (HAW) 9.96pts, Keanu Asing (HAW) 7.83pts

・ラウンド3
H5: Josh Kerr (AUS) 11.37pts, Deivid Silva (BRA) 10.74pts, Jack Freestone (AUS) 10.07pts, Mateia Hiquily (PYF) 7.90pts

H6: Wiggolly Dantas (BRA) 13.17pts, Dusty Payne (HAW) 12.80pts, Medi Veminardi (REU) 11.50pts, Sunny Garcia (HAW) 6.60pts

H7: Brent Dorrington (AUS) 14.33pts, Michel Bourez (PYF) 10.94pts, Kolohe Andino (USA) 8.50pts, Aritz Aranburu (ESP) 7.83pts

H8: Filipe Toledo (BRA) 12.30pts, Billy Stairmand (NZL) 11.50pts, Seth Moniz (HAW) 8.60pts, Ian Walsh (HAW) 5.10pts

H9: Ryan Callinan (AUS) 14.20pts, Tanner Gudauskas (USA) 13.63pts, Adriano de Souza (BRA) 10.80pts, Michael February (ZAF) 9.90pts

H10: Sebastian Zietz (HAW) 17.37pts, Keanu Asing (HAW) 14.23pts, Michael Dunphy (USA) 12.64pts, Carlos Munoz (CRI) 12.50pts

H11: Hizunome Bettero (BRA) 12.37pts, Ezekiel Lau (HAW) 11.44pts, Caio Ibelli (BRA) 11.37pts, Bede Durbidge (AUS) 11.10pts

H12: John John Florence (HAW) 11.67pts, Nathan Yeomans (USA) 11.56pts, Glenn Hall (IRL) 10.03pts, Kalani David (HAW) 9.66pts

H13: Cooper Chapman (AUS) 17.50pts, Nat Young (USA) 14.77, Joan Duru (FRA) 13.40, Davey Cathels (AUS) 9.63pts

H14: Wade Carmichael (AUS) 15.83pts, Ricardo Christie (NZL) 12.20pts, Matt Wilkinson (AUS) 12.00pts, Joel Centeio (HAW) 11.34pts

H15: Jadson Andre (BRA) 16.07pts, Conner Coffin (USA) 12.87pts, Luel Felipe (BRA) 11.96pts, CJ Hobgood (USA) 7.27pts

H16: Connor O’Leary (AUS) 18.24, Gabriel Medina (BRA) 16.66pts, Thomas Woods (AUS) 12.73pts, Soli Bailey (AUS) 12.47pts

ハイライト動画
*ハイライトは埋め込み不可な動画のため、下記画像をクリックして配信元のサイトからチェックして下さい。
ハワイアン・プロ ハイライト動画

9.17ptライド byセバスチャン・ジーツ

9.00ptライド byクーパー・チャップマン

9.57ptライド byコナー・オレアリー

9.70ptライド byネイト・イヨマンズ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)