タジ・バロウ&メイヘムのコラボ!パワフルチューブ仕様ボード「チューブ・ピグ」

シェア(記事を気に入ればお願いします)

タジ・バロウ チューブ・ピグ

インド洋からパワフルなスウェルが押し寄せ、沿岸は手付かずな場所が多いことから、ワイルドなサーフエリアとして知られるオーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州出身のタジ・バロウ「TAJ BURROW」(37歳)。

今回の動画は、タジとロストサーフボードの天才シェイパー/メイヘムのコラボレーションにより生まれた、タジのホームブレイクに最適というモデル「Tube Pig(チューブ・ピグ)」のライディング映像をお届けします。


スポンサーリンク


ヘビーサーフで知られるタジのホームブレイク。イメージとしては、強いオフショアが吹き荒れ、リップからは水しぶきが沖合へと飛び散る中、パワフルなバレル(チューブ)がブレイクするといった感じです。

そんなタジ特別仕様となるモデル作りがスタートしたのは、昨年2014年のこと。メイヘムは、タジが通常のコンテストで使用するような軽量でエアーやフィンアウト向きのボードではなく、WA州仕様のボードをシェイプしたと言います。

特徴としては、テール形状がラウンドピン、両足間のエリアにあたるヒップ部分は通常より狭め、ノーズエリアは通常よりも幅広といった点。ただ、通常のニューモデルと比べ、大きく目を引くような特徴はなく、あくまでもWA州といったパワフルバレルに合った調整を加えただけといった感じだそう。

タジからのフィードバックは好感触で「今までチューブライドしたボードの中で一番だよ!」と、メイヘムにとっては狙い通りのデザインとなったそうです。

モデル名であるチューブ・ピグは、「餌をむさぼるブタのようにチューブに乗りまくれる」といった意味合いから名付けたのでしょうね。あくまでも私の推測ですが・・・。

同モデルは、ホローコンディションでパワフルな波が炸裂した際の使用がメインとのこと。日本では、動画のようなコンディションになることはあまりないのですが、動画が良かったので紹介しておきました・・・。

Lost SurfSkates(ロストサーフスケート)
Lost SurfSkates(ロストサーフスケート)
売り上げランキング: 537,714

タジの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

パパとなったタジ・バロウも登場するWA州ノースポイントセッション

タジ・バロウの遊び系ボードとして誕生したメイヘムのニューモデル「ベイビーバギー」

ノースポイントでのインド洋からのビッグスウェルは?:タジ・バロウ

ツアーイベントにおけるタジ・バロウのサーフボード事情

ベルズ前の小波セッション:タジ・バロウ&カイ・オットン

2014年度パイプマスターズに参加しないことを表明したタジ・バロウ

ビッグウェイブで命がけの撮影:タジ&マーク

ローワーズでのウォームアップサーフ:タジ・バロウ

Dバーでのフリーサーフ:タジ・バロウ

Jベイでのコンテスト&フリーサーフィン:タジ・バロウ

Modomのライダーとなったタジ・バロウのフリーサーフ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)