2015年度トリプルクラウン第二戦「バンズ・ワールド・カップ」:二日目ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

©WSL

©WSL

現地時間11月29日(ハワイ)、QS10,000イベントであるトリプルクラウン第二戦「バンズ・ワールド・カップ(Vans World Cup)」が開催されました。本日は、ラウンド2ヒート3~ラウンド3ヒート1まで終了。

2015年度トリプルクラウン第二戦「バンズ・ワールド・カップ」:初日ハイライト


スポンサーリンク


昨日に続き、モンスターサイズとなる3~4×オーバーヘッドで開催された本日。ビッグセットが入ると、インターネット越しで見ているだけで怖ろしいほどのサイズでした。

本日は日本人プロが登場するヒートはありませんでしたが、ラウンド3ヒート1では五十嵐カノアが登場。ジョーディ・スミスも登場した同ヒートにおいて、カノアは良いところを見せることができず。

残念ながら、ラウンド3で早くも敗退という結果に終わりました。やはり、ノースショアの中でもビッグサイズとなったサンセットは、サーフィンと言ってもジャンルが違うスポーツのように感じます。

それだけに、ここでも活躍できるサーファーへと成長してもらいたいですね。近い将来、カノアなら活躍するはずですから!

2015 Vans World Cup R3H1

本日のシングルハイエストスコアとなったのは8.83ポイント。パット・グダスカスとジョエル・センティオの両者が、同ポイントをマークしました。

パットはバレル、ジョエルはマニューバと異なるマニューバによるライディング。個人的には、ジョエルがドロップしたモンスタースウェルでのライディングが強烈な印象を受けました。

ちなみに、勝利者インタビューでジョエルは「このくらいのビッグサイズになると、すごいリラックスしてヒートに臨めるんだ」とコメント。さすがハワイアンサーファーといった感じで、信じられないコメントでした。

今後の波予報ですが、明日は少しサイズダウンして6フィートの予報。しかし、11月2日(水曜)には再びのサイズアップで10フィートまで上がるそうです。スケールが違いすぎて意味が分かりません・・・。

結果やライブ中継といったイベント詳細については、下記リンク先の公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Vans World Cup

本日の結果

・ラウンド3

Heat 1: Frederico Morais (PRT) 13.90pts, Jordy Smith (ZAF) 13.10pts, Seth Moniz (HAW) 12.96pts, Kanoa Igarashi (USA) 9.37pts

・ラウンド2

Heat 1: Frederico Morais (PRT) 12.97pts, Hiroto Ohhara (JPN) 10.34pts, Wade Carmichael (AUS) 8.17pts, Charles Martin (GLP) 4.67pts

Heat 2: Benji Brand (HAW) 10.34pts, Seth Moniz (HAW) 8.60pts, Michael Rodrigues (BRA) 3.87pts, Tanner Hendrickson (HAW) 3.10pts

Heat 3: Jack Robinson (AUS) 11.67pts, Ricardo Christie (NZL) 10.94pts, Willian Cardoso (BRA) 10.34pts, Evan Valiere (HAW) 4.67pts

Heat 4: Kekoa Cazimero (HAW) 8.27pts, Conner Coffin (USA) 7.56pts, Tanner Gudauskas (USA) 6.74pts, Kaito Kino (HAW) 6.20pts

Heat 5: Mason Ho (HAW) 12.03pts, Jesse Mendes (BRA) 11.03pts, Thomas Woods (AUS) 10.43pts, Nathan Yeomans (USA) 9.00pts

Heat 6: Torrey Meister (HAW) 13.84pts, Aritz Aranburu (ESP) 12.87pts, Glenn Hall (IRL) 9.84 pts, Gonzalo Zubizarreta (ESP) 8.13pts

Heat 7: Marco Giorgi (URY) 13.50pts, Joan Duru (FRA) 8.87pts, Hizunome Bettero (BRA) 5.40pts, Sunny Garcia (HAW) 2.07pts

Heat 8: Noe Mar McGonagle (CRI) 12.27pts, Marc Lacomare (FRA) 11.53pts, Maxime Huscenot (FRA) 5.73pts, Beyrick De Vries (ZAF) 5.47pts

Heat 9: Carlos Munoz (CRI) 11.70pts, Yadin Nicol (AUS) 11.67pts, Cooper Chapman (AUS) 9.94pts, Thiago Camarao (BRA) 3.46pts

Heat 10: Soli Bailey (AUS) 13.00pts, Stuart Kennedy (AUS) 9.90pts, Kevin Sullivan (HAW) 8.47pts, Michael Dunphy (USA) 4.47pts

Heat 11: Dusty Payne (HAW) 8.84pts, Pedro Henrique (PRT) 7.00pts, Santiago Muniz (ARG) 6.67pts, Mitch Crews (AUS) 2.93pts

Heat 12: Patrick Gudauskas (USA) 14.33pts, Jamie O’Brien (HAW) 11.40pts, Ezekiel Lau (HAW) 11.34pts, Leonardo Fioravanti (ITA) 9.90pts

Heat 13: Joel Centeio (HAW) 14.86pts, Vasco Ribeiro (PRT) 11.57pts, Mitch Coleborn (AUS) 8.54pts, Dion Atkinson (AUS) 8.06pts

Heat 14: Brent Dorrington (AUS) 15.16pts, Makuakai Rothman (HAW) 14.94pts, Makai McNamara (HAW) 9.17pts, Nathan Hedge (AUS) 5.44pts

Heat 15: Miguel Tudela (PER) 13.66pts, Connor O’Leary (AUS) 12.43pts, Olamana Eleogram (HAW) 10.90pts, Evan Geiselman (USA) 5.76pts

Heat 16: Deivid Silva (BRA) 13.84pts, Bino Lopes (BRA) 10.93pts, Tomas Hermes (BRA) 7.10pts, Elijah Gates (HAW) 5.47pts

ハイライト動画
(注)動画は埋め込み不可のため、下記画像をクリックして動画元へと飛んでチェックして下さい。
2015 Vans World Cup Day2 Highlight

8.83pt byジョエル・センティオ

8.83pt byパット・グダスカス

8.00pt byアリッツ・アランブル

8.00pt byソリ・ベイリー

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)