2015年度ウイメンズWCT最終戦「ターゲット・マウイ・プロ」:最終日ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

カリッサ・ムーア マウイプロ

©WSL

現地時間12月2日(ハワイ)、マウイ島ホノルア・ベイを舞台とした2015年度ウイメンズWCT最終戦「ターゲット・マウイ・プロ(Target Maui Pro)」が終了しました。優勝は今イベントのディフェンディングチャンピオンであるカリッサ・ムーア。

2015年度ウイメンズWCT最終戦「ターゲット・マウイ・プロ」:初日ハイライト


スポンサーリンク


アクションあり、バレル(チューブ)ありのパーフェクトコンディションのラインナップが広がった本日のマウイ島ホノルア・ベイ。まさに、ウイメンズWCT最終イベントに相応しい舞台が整いました。

ラウンド4からスタートした本日、注目はタイトルレースを演じたコートニー・コンローグ。ココ・ホーを相手に、コートニーは8ポイント台を出したりと調子が悪かったわけではありませんが、ラウンド4でまさかの敗退。

この時点で、早くもカリッサの3度目となるワールドタイトルが確定しました。コートニーのヒート中、ピリピリとした雰囲気で顔を手で覆っていたカリッサでしたが、コートニーのヒート終了間際になると笑顔を見せ、その後はオアフ島から駆けつけてきた家族とお祝いムードとなりました。

カリッサ・ムーア

しかし、ヒートを勝ち上がっていたカリッサにとって、イベントは終わっていません。ワールドタイトル獲得で気が抜けるかと思いましたが、クオーターファイナルから登場のカリッサは絶好調。

ハイスコア連発でファイナルまで勝ち上がると、対戦相手はこちらも絶好調のサリー・フィッツギボンズ。しかし、カリッサマジックは終わりません。ファイナルでは、今まで以上に強さを見せたのです。

カリッサ・ムーア

ファイナルのカリッサは、パーフェクト10と9.50ポイントという、ほぼパーフェクトスコアを叩き出し、圧巻の勝利を飾りました。強すぎですね。もはや、カリッサとステファニー・ギルモアの二人が引退しない限り、ウイメンズのワールドチャンピオンでニューフェイスが登場することはないかもしれません。

イベントの詳細情報は、下記リンク先の公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Target Maui Pro

本日の結果

・ファイナル

1st:Carissa Moore (HAW) 19.50
2nd:Sally Fitzgibbons (AUS) 17.90

・セミファイナル

Heat 1: Carissa Moore (HAW) 17.90, Alessa Quizon (HAW) 15.20

Heat 2: Sally Fitzgibbons (AUS) 18.20, Coco Ho (HAW) 14.40

・クオーターファイナル

Heat 1: Alessa Quizon (HAW) 13.04, Tatiana Weston-Webb (HAW) 11.50

Heat 2: Carissa Moore (HAW) 17.47, Tyler Wright (AUS) 14.94

Heat 3: Coco Ho (HAW) 16.90, Nikki Van Dijk (AUS) 16.20

Heat 4: Sally Fitzgibbons (AUS) 18.07, Bianca Buitendag (ZAF) 18.04

・ラウンド4

Heat 1: Tatiana Weston-Webb (HAW), 13.56 Lakey Peterson (USA) 12.13

Heat 2: Tyler Wright (AUS), 11.27 Malia Manuel (HAW) 10.67

Heat 3: Coco Ho (HAW) 16.50, Courtney Conlogue (USA) 14.26

Heat 4: Bianca Buitendag (ZAF) 16.07, Johanne Defay (FRA) 14.34

ハイライト動画

パーフェクト10@ファイナル byカリッサ・ムーア

9.5pt@ファイナル byカリッサ・ムーア

9.23pt@ファイナル byサリー・フィッツギボンズ

9.87pt@クオーターファイナル byビアンカ・ビュイテンダグ