サーファーポール、ジョーズでのBWTイベント、パイプマスターズなどのハワイイベントについて

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Surfer poll

オアフ島(ハワイ)ノースショアでのサーフコンテストも残すところメンズWCT最終戦のパイプマスターズのみ。今年2015年もまた、世界トップサーファーがハワイに滞在する時期が終盤を迎えました。

今回の記事は、コンテストシーズン終盤に開催されるハワイでのイベントに関し、開催時間やライブ中継を見られるページへのリンク先といった情報をお伝えします。


スポンサーリンク


ハワイで開催される今後のビッグイベントについて

これからハワイで開催予定のビッグイベントについては、日程順に以下の通り。

BWTイベント「Pe’ahi Challenge(ピアヒ・チャレンジ)」
日時:現地時間12月6日(日曜)午前7時半
開催地:マウイ島(ハワイ)ジョーズ

サーファーポール
日時:現地時間12月6日(日曜)午後7時
開催地:オアフ島(ハワイ)ノースショアのタートルベイ

WCT最終イベント「ビラボン・パイプ・マスターズ」
日時:12月8日~20日(ウェイティングピリオド)
開催地:オアフ島(ハワイ)ノースショアのパイプライン

BWTイベント「Pe’ahi Challenge(ピアヒ・チャレンジ)」

開催が目前に迫った同イベント。マウイ島のビッグウェイブスポット「ジョーズ」で開催されるビッグウェイブ専門の招待制イベントであり、BWT(ビッグウェイブツアー)の一つです。

招待サーファーの中に、11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーターの名前があったので、出場するかと思いましたが、発表されたヒート表を見ると、残念ながらケリーの名前はありませんでした。

2015 Pe'ahi Challenge heat chart

ケリーが出場を見送った理由として考えられるのは、同日の夜にオアフ島で開催されるサーファーポール。ケリーの存在はサーファーポールで欠かせないので、当然と言えば当然かもしれません。

日本時間でのイベント開催予定時刻は、12月7日(月曜)午前2時半となります。実際にヒートがスタートするのは、早くて午前3時でしょう。ライブ中継は、下記公式サイトから見ることができます。

公式サイト「Pe’ahi Challenge

関連記事

2015/2016年シーズンBWTイベント「ピアヒ・チャレンジ」にゴーサイン!12月6日開催決定

サーファーポール

一般投票により人気サーファーを決定する企画がメインであるサーファーポール。他には、今年のベストサーフムービー、ライディングにおけるベストバレルやワーストワイプアウトなど多様な企画が盛りだくさん。

コンテストサーファーだけでなく、フリーサーファーも受賞対象なので、まさに世界のトップサーファーが一堂に会する類まれなイベントと言えますね。

サーファーがウエットスーツやボードショーツといった普段の姿とは異なり、フォーマルな衣装で登場する姿にも注目が集まります。

日本時間でのイベント開催時刻は、12月7日(月曜)午後2時となります。ライブ中継は、下記公式サイトから見ることができます。

公式サイト「Surfer Poll

サーファーポール予告動画

関連記事

2015年度サーファーポールの人気サーファーのオンライン投票がスタート

2015年度サーファーポールのワーストワイプアウト部門オンライン投票がスタート

WCT最終イベント「ビラボン・パイプ・マスターズ」

言わずと知れたコンテスト最高峰であるWCTの最終イベント。トリプルクラウンの最終戦でもありますね。ワールドチャンピオンの座を掛け、パイプラインで開催される熱いコンテストです。今シーズンのタイトルレースは以下の過去記事からチェック。

2015年度メンズWCTにおけるタイトルレースのシナリオ

今回紹介しているイベントの中で、こちらだけは開催日が決まっていません。ウェイティングピリオドの期間中、最も波が良いコンディションの日に開催されるためです。ただし、波予報によってある程度の予測は付きます。

現時点の波予報によると、ウェイティングピリオド初日の8日(火曜)からビッグスウェルが入り、スウェルのピークは8日午後から9日午前とのこと。

サイズにして、8日午前はセットでオーバーヘッドからダブルオーバーヘッド、午後にはトリプルオーバーヘッドまでサイズアップする可能性があります。同スウェルは、9日午後から徐々にサイズダウン傾向。

そのため、ウェイティングピリオド初日から開催される可能性は高い事でしょう。現地時間8日(火曜)の朝一からスタートならば、日本時間では9日(水曜)午前2時半から3時くらいのスタートでしょうか。

ただし、初日は本戦出場のワイルドカードを賭けたローカルハワイアンがメインのトライアルイベントからスタートだと思います。それはそれで見応えがありますね。

公式サイト「Billabong Pipe Masters

パイプマスターズ予告動画

関連記事

2014年度ASPメンズワールドツアー最終戦ビラボン・パイプマスターズ
初日ハイライト
二日目ハイライト
三日目ハイライト
最終日ハイライト

まとめ

日本とハワイでは時差が19時間あるので、ライブ中継を見るのは大変ですが、お時間のある方はチェックして見てはいかがでしょうか。年に一度のビッグイベントですから。

個人的に最も見て欲しいのは、ジョーズでのBWTイベント。ビッグスウェルが入らなければ開催されないので、毎年見れるイベントではないためです。