• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
©Caters News

©Caters News

まさにクレイジーという言葉が似合うスタントマン。映画を見ていても、よりリスキーなスタントが増えていますよね。トム・クルーズみたいに、自分でスタントまでしてしまう俳優もいますが・・・。

今回の動画は、熱気球で高度13,000フィート(およそ4,000メートル)からパラシュート無しでスカイダイビングする強烈なスタント映像をお届けします。


スポンサーリンク


スタントに挑戦したのは、フィンランド出身のアンティ・ペンディカイネン(Antti Pendikainen)。「不可能を可能にしようって、内なる情熱に駆り立てられたんだ」と話すアンティ。

無謀なスタントに思えますが、本人は「今回のチャレンジに向けて、一年間しっかりトレーニングしたから準備万端だった」とのこと。また、「チャレンジ前にも、ばっちりと頭の中でイメトレしたよ」とも続けました。

ダイビング地点まで熱気球が到達すると、パラシュートを投げ捨て、さらにはTシャツまで脱いで仲間のスカイダイバーと空へと飛び出したアンティ。最終的には、仲間のスカイダイバーと一緒にタンデムで着陸を決めました。

「子供の頃からおバカなスタントが大好きなんだ。オレに恐怖心はないから、次はもっとクレイジーなことをしたいな」と語ったアンティ。この人、ヤバいですね・・・。

  • ミック・ファニングが野生動物の密猟者!?南アフリカで撃退方法を体験
  • ブラッド・ドンキーが過去最大サイズのショアブレイクバレルでボードトランスファー
  • スティーヴ・アオキがハイドロフォイルボードにトライ!?カイ・レニーが伝授
  • ステファニー・ギルモアがお勧めするブレンダーを使ったヘルシーなスムージー×4
  • WQSイベント@千葉の裏側映像&優勝したエヴァン・ガイゼルマンの使用ボード
  • アラナ・ブランチャード/サーファーガール シーズン3:エピソード8

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事