2015年度メンズWCT最終戦「ビラボン・パイプマスターズ」:最終日ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

アドリアーノ・デ・スーザ

アドリアーノ・デ・スーザ photo:WSL / Kirstin Scholtz

現地時間12月17日(ハワイ)、オアフ島ノースショアのパイプラインを舞台に、トリプルクラウン最終戦でもある2015年度メンズWCT最終イベント「ビラボン・パイプマスターズ(Billabong Pipe Masters)」が終了しました。

パイプマスターズを制したのは、ブラジリアンとして初のパイプマスターとなるアドリアーノ・デ・スーザ。パイプマスターズの結果を受けトリプルクラウンのタイトルを獲得したのはガブリエル・メディナ。こちらもブラジリアンとしては初の快挙。

2015年度メンズWCT最終戦「ビラボン・パイプマスターズ」:トライアル

2015年度メンズWCT最終戦「ビラボン・パイプマスターズ」:初日ハイライト

2015年度メンズWCT最終戦「ビラボン・パイプマスターズ」:二日目ハイライト

2015年度メンズWCT最終戦「ビラボン・パイプマスターズ」:三日目ハイライト


スポンサーリンク




波のコンディションはかなり酷く、ロースコアの連続となった本日。だからこそ、土壇場での逆転がどのヒートでも可能とあり、ヒート終了のホーンがなるまで手に汗握る展開となりました。

緊迫のクオーターファイナル

タイトルレースに残っていたのは、ミック・ファニング、アドリアーノ・デ・スーザ、ガブリエル・メディナ。ヒート1に登場したガブリエルは、オープニングライドで8ポイントを出し、余裕を持ってのラウンドアップ。

続くヒート2は、ミックvsケリー・スレーター。ミックにケリーというベテランにして、ヒート終盤までのハイスコアは3ポイント台と厳しく、一本でもまともなスコアを出せば、どちらが勝ってもおかしく展開。

ヒートも残り2分台という時点において、僅差でリードしていたのはケリー。しかし、この土壇場でミックがバックドアの波をキャッチ。確実に決めなければならないプレッシャーの掛かる状況で、エアドロップ&バレルをメイクして逆転勝ちを決めました。

ミックがクオーターを勝ち上がった時点で、ガブリエルのタイトルチャンスは消滅となりました。

クオーターファイナル:ヒート2

アドリアーノが登場したのヒート4。ミックのヒート同様、ロースコア連続となり、終盤は追う立場となったアドリアーノ。しかし、こちらも残り2分台でアドリアーノが逆転勝ちするという展開となりました。

クオーターファイナル:ヒート4

ミックとアドリアーノ共に、絶対に負けないとの強い意思を持って波を待ち、プレッシャーのかかるラストチャンスをしっかりとものとした点に、精神的な強さを感じました。

タイトルレースを決めたセミファイナル

ヒート1はミックvsガブリエル。本日のコンディションは、あまりバレルにならなかったり、バレルになってもクローズアウトになる波がほとんどで、ハイスコアが出ることはありませんでした。

そんな中、オープニングライドでミックが7.33ポイントをスコア。この時点でミックが勝つと誰もが思ったでしょう。ヒートもミックが終始リードしていました。

しかし、バレルがダメならトリック。そして、ガブリエルの武器の一つはエアリアル。ヒート終了3分台で、ガブリエルはフロントサイドの波に乗り、ビッグなフルローテーションをメイク。この一本でガブリエルが大逆転劇を演じました。

セミファイナル:ヒート1

続くヒート2のアドリアーノは、このヒートを勝てばワールドチャンピオンになる大一番。相手は、パイプを知り尽くしたローカルワイルドカードのメイソン・ホー。

ヒートではまともな波がほとんど入らず、相変わらずロースコアな展開。どっちが勝っても不思議ではないヒートでしたが、アドリアーノの気迫が勝ったのかヒートを勝利し、見事ワールドタイトルを獲得しました。

ただ、見ている方はドキドキでしたね。たった一本のライディングで軽く逆転できるシチュエーションだったので。

セミファイナル:ヒート2

パイプマスターを決めるファイナル

どちらが勝ってもブラジリアンが初のパイプマスターになるというファイナル。バレルが少ない本日なら、エアーもいけるガブリエルが大幅に有利と思いました。

しかし、ファイナルになるとバックドアのバレルが口を開くようになりました。基本的に、サイズが小さいバックドアだと、グーフィーフッターには相当不利と言われています。

結局、アドリアーノにコンディションも味方する形となり、昨年のガブリエルに続くブラジリアン2人目のワールドタイトル、ブラジリアン初のパイプマスターという二つの称号をアドリアーノが獲得しました。

ファイナル

パイプマスターズの詳細

イベントの詳細については、下記リンク先からの公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Billabong Pipe Masters

本日の結果

ファイナル

1st:Adriano de Souza (BRA) 14.07
2nd:Gabriel Medina (BRA) 8.50

セミファイナル

Heat 1: Gabriel Medina (BRA) 11.33, Mick Fanning (AUS) 10.36

Heat 2: Adriano de Souza (BRA) 6.83, Mason Ho (HAW) 3.83

クオーターファイナル

Heat 1: Gabriel Medina (BRA) 11.67, C.J. Hobgood (USA) 4.67

Heat 2: Mick Fanning (AUS) 9.50, Kelly Slater (USA) 6.17

Heat 3: Mason Ho (HAW) 8.07, Adam Melling (AUS) 4.53

Heat 4: Adriano de Souza (BRA) 5.50, Josh Kerr (AUS) 4.43

ラウンド5

Heat 4: Josh Kerr (AUS) 13.83, Jeremy Flores (FRA) 7.73

ハイライト動画