オアフ島(ハワイ)ノースショアでのフリーサーフ動画@2015:ジュリアン・ウィルソン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ジュリアン・ウィルソン パイプライン オアフ島 ハワイ

2015年シーズンのWCTでは、ワールドツアーイベント最終戦で初めてタイトルレースに絡む経験をしたオーストラリア出身のジュリアン・ウィルソン「Julian Wilson」(27歳)。

2015年度WCTランキングは、2013年シーズンと同じ自身最高位の6位という結果。ツアーイベントにおける優勝こそなかったものの、3度もファイナル進出という成績を残しています。

今回の動画は、そんなジュリアン・ウィルソンによる2015年のオアフ島(ハワイ)ノースショアでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



ジュリアンと言えば、2014年度パイプマスターズでは優勝を果たし、同年にトリプルクラウンも制しています。つまり、オアフ島ノースショアでの実力は誰もが認めるサーファー。

2015年度パイプマスターズでは、タイトルレースのプレッシャーもあってか、前年とは打って変わり、ラウンド3敗退という予想外の結果に終わりました。

しかし、今回の動画を見るとジュリアンの凄さが分かります。ビッグサイズのパイプラインから始まり、アクション系の波ではエアリアルといったビッグムーブまで網羅。

個人的に印象的なのは、2:01~からのテールハイのエアリバース。前足でサーフボードのノーズを踏み込み、テールが高々と上がるのですが、さほど高さのないエアーであっても、相当インパクトのあるアクションになりますね。

ジュリアン・ウィルソンのお勧め過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

イケメンサーファーのジュリアン・ウィルソンが婚約!お相手はモデル!

アーリーウープから540やパダンのビッグバレルなど@バリ:ジュリアン・ウィルソン

キャッチサーフのビーターでフィンレスセッション:ジュリアン・ウィルソン

スモールサイズのヌーサでフリーサーフ:ジュリアン・ウィルソン

ヌーサヘッズで見せるジュリアン・ウィルソンのフリーサーフィン

新旧サーフスタイルを兼ね備えたジュリアン・ウィルソンの最先端ムーブ

レイキーピークでの世界最高峰フリーセッション:ジュリアン&ダスティ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)