デーン・レイノルズ&グダスカス兄弟のCIライダーによるサーフ動画@リンコン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

デーン・レイノルズ リンコン

カリフォルニア州のベンチュラ郡とサンタバーバラ郡の郡境に位置するポイントブレイクのリンコン。「Queen of the Coast」としても知られるリンコンは、ロングライド可能なライトハンダーのマシンブレイクで有名ですね。

今回の動画は、サンタバーバラを拠点にする大手サーフボードブランド「チャネルアイランズ(Channel Islands)」のライダーであるデーン・レイノルズ、パトリック・グダスカス、タナー・グダスカスによるフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



今冬はエルニーニョ現象の影響により、ビッグウェイブスポットはもとより、多くのエリアで波に恵まれています。リンコンもまた例に漏れずグッドコンディションとなり、1月8日に今回の動画を撮影したとのこと。

波はとんでもなく良いのですが、混雑レベルもまた半端じゃないですね。ゴールドコースト(オーストラリア)のスナッパーロックスとあらゆる面で似ている印象を受けます。

2016年ニューイヤースウェル到来のスナッパーロックス&バーレーヘッズ@オーストラリア

3人の役者が揃った今回の動画。デーンとパトリックがレギュラーフッター、タナーがグーフィーフッターとなります。2:30~ではフィンファースト(fin-first:フィンの付いているテールが前方にある状態)のチューブライド!?をしたりとトリッキーなライディングも登場。

注目はデーンですね。一発一発のターンに爆発力と重さがあり、すぐにデーンだと分かるくらいオリジナルのスタイルを見せています。個人的には、デーンと同じレギュラーフッターであるパトリックのサーフィンも大好きで、動画を見ると凄いと感じます。

しかし、デーンと同じ動画に登場して同じ波で比較してしまうと、どうしてもデーンのライディングの方に軍配が上がってしまいます。デーンがフリーサーフィン界のトップレベルにいる理由が分かりますね。

———-

今回の出演サーファーの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

昨年4月のケリーに続いてデーン・レイノルズもクイックシルバーとの契約解消

ホームブレイクのトレッスルズでフリーサーフ:パトリック&タナー・グダスカス