マウイ島ジョーズのパドルインで過去最大サイズのチャージ@2016/1/15

シェア(記事を気に入ればお願いします)

アーロン・ゴールド ジョーズ マウイ島 ピアヒ

ジェットスキーを使わず自分の力で波に乗るパドルインにこだわるビッグウェイブサーファーにとって、北半球のウインターシーズンのメインステージとなっているハワイのマウイ島ジョーズ(現地名はピアヒ)。

12月に開催されたBWT(ビッグウェイブツアー)イベント「ピアヒ・チャレンジ(Pe’ahi Challenge)」でも、スケールの大きさを十分に証明して見せましたね。

2015/2016年シーズンBWTイベント「ピアヒ・チャレンジ」:ハイライト

2015/2016年シーズンBWTイベント「ピアヒ・チャレンジ」:ワイプアウト動画

今回の動画は、そんなマウイ島ジョーズが再び炸裂した2016年1月15日のビッグウェイブセッションの映像をお届けします。


スポンサーリンク



歴史に残ると言われるほどのセッションとなった1月15日。それほど凄かった理由は、アーロン・ゴールド(Aaron Gold)がジョーズでのパドルインサーフ史上最大サイズの波に乗ったと言われているため。

アーロンが乗った波は、以下の映像となります。

続いては、ジョーズで過去最大サイズのレフトに乗ったと言われるペドロ・カラド(Pedro Calado)の映像。こちらの波は、アーロンが上記のライディング直後に入ったセットだそうです。

ジョーズと言えばシェーン・ドリアン(Shane Dorian)ということで、次はシェーンによるエアドロップをメイクしてのライディング映像。半端じゃないです。

最後は、1月15日のセッションの全容となる動画です。