アイスバッハ川(ドイツ)のリバーサーフィンでお医者さんがキックフリップをメイク

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ドイツ ミュンヘン アイスバッハ キックフリップ

海のないドイツのミュンヘン。そんな環境にありながら、ウエットスーツ姿でサーフボードを脇に抱えたサーファーの姿を目にすることがあります。サーファーの目的は、アイスバッハ川でのリバーサーフィン。

今回の動画は、アイスバッハ川でスケートライクなトリックの練習に励み、キックフリップまでメイクできるようになったリバーサーファーの映像をお届けします。


スポンサーリンク



そもそもキックフリップってなに!?って方もいると思うので、まずはスケートボードでのスローモーション動画でキックフリップをチェックして下さい。

スケートボードでは何気ないトリックの一つですが、これがサーフィンともなれば・・・。サーフボードの大きさを考えてみれば、いかに難しいか分かりますよね。

そんなキックフリップに挑み続けたのは、本職は整形外科医のフロリ。アイスバッハ川の波は、海とは異なり、いつでもコンディションが同じなので、トリックの反復練習には最適と言います。

実際、アイスバッハ川の常連ともなれば、ちょっとしたエアーやショービットなんかは珍しいトリックではないそうです。しかし、キックフリップになるとレベルが急激に上がり、フロリしかメイクできないと本人は言います。

フロリがキックフリップにチャレンジするようになったのは、およそ10年ほど前のこと。ボルコムが「キックフリップをメイクした世界初のサーファーに賞金を出すよ」というイベント開催時期と重なり、必死にトレーニングに励んだそうです(フロリの場合はリバーサーフィンなので対象外で、本人も自覚していたとのこと)。

しかし、フロリよりも先にメイクするサーファーが登場。それが、マジシャンサーファーとして知られるゾルタン・トルコス。しかもゾルタンは、海でメイクしたのですから強烈です。

ゾルタンのメイクから一年遅れながら、ようやくコツを掴み、キックフリップをメイクできるようになったフロリ。ゾルタンに先を越されたとは言え、半端じゃないトリックです。

キックフリップは動画後半で登場となるので、是非ともチェックして下さい。

ドイツのリバーサーフィンに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ドイツのリバーサーフィンをアピールするCM!?

ミュンヘンには海がないのにウエット姿でボードを持ち歩くサーファー

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)