2016年QS3,000「ボルコム・パイプ・プロ」:初日ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ボルコム・パイプ・プロ コア・ロスマン

コア・ロスマン photo:WSL / Freesurf/Heff

現地時間1月29日(ハワイ)、オアフ島ノースショアのパイプライン/バックドアを舞台にした2016年QS3,000イベント「ボルコム・パイプ・プロ(Volcom Pipe Pro)」がスタートしました。

初日の本日は、緩いオフショアが吹き付ける中、8~10フィートのクリーンコンディションで開催され、ラウンド2ヒート11まで終了しました。

2016年の開催が迫った「ボルコム・パイプ・プロ」を振り返ってみよう


スポンサーリンク


パイプラインのスペシャリストやWCTサーファーなど、ビッグネームが多数出場する同イベント。今年もまた、ケリー・スレーター、ジョンジョン・フローレンス、ジェイミー・オブライエンを筆頭に注目サーファーが盛りだくさん。

ただし、ケリーやジョンジョンといったWCTサーファーや、WQSランキング上位陣はシードサーファーとなるので、出場するのはラウンド3からとなります。

本日登場したサーファーの中で、世界中のサーフファンから注目されていたのはブルース・アイアンズ。パイプラインでの圧倒的なスキルに加え、唯一無二の存在感というかオーラを放っていますからね。

ボルコム・パイプ・プロ ブルース・アイアンズ

ブルース・アイアンズ photo:WSL / Freesurf/Heff

そんなブルースですが、グッドウェイブを掴むのが難しいコンディションの中、ラウンド1とラウンド2のどちらも一本づつ良い波を選び、ビッグネームが名前を連ねるラウンド3進出を決めました。

ブルース以外では、個人的に気になっていたのはイタリア出身のレオナルド・フィオラバンティ。昨年も同イベントに出場したレオは、ヒート中に大怪我を負い、昨年前半はリハビリ生活を余儀なくされました。

パイプラインのリーフで負傷:レオナルド・フィオラヴァンティ

そんなレオですが、今年も同イベントに出場。ワールドツアーを目指している以上、パイプラインを避けては通れないので、ひどい経験をしようが引くわけには行かないですからね。

ラウンド2に登場したレオは、しっかりとスコアを2本揃え、圧倒的なポイント差で堂々の1位通過を果たしました。ちなみに、ラウンド3のレオはジョンジョンと同じヒートに入っているので、こちらのヒートも楽しみです。

次なる開催では、ラウンド3に進むであろう同イベント。いよいよメインラウンド突入といった感じで盛り上がっていくことでしょう。

イベント詳細については、下記リンク先の公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Volcom Pipe Pro

<本日の結果>
*左から1位~4位となり、ラウンドアップは上位2名

・ラウンド2

H1: Marco Giorgi (URY), Derek Peters (USA), Cahill Bell-Warren (AUS), Kai Barger

H2: Koa Smith, Kiron Jabour, Noa Mizuno, Kaito Ohashi (JPN)

H3: Mikey Bruneau, Griffin Colapinto (USA), Mitchell Parkinson (AUS), Parker Coffin

H4: Torrey Meister, Bruce Irons, Makuakai Rothman, Seth Moniz

H5: Gavin Gillette, Jean Da Silva, (BRA), Chris Foster, Ohno Masatoshi (JPN)

H6: Hank Gaskell, Dimitri Ouvre (BLM), Tim Reyes, Ian Gentil

H7: Brian Toth, Chris Ward (USA), Luel Felipe (BRA), Gavin Sutherland

H8: Yago Dora (BRA), Takayuki Wakita, Kaito Kino, Takumi Nakamura (JPN)

H9: Leonardo Fioravanti (ITA), Victor Bernardo (BRA), Benji Brand, Kona Oliveira

H10: Ian Gouveia (BRA), Eala Stewart, Dylan Lightfoot (ZAF), Takumi Yasui (JPN)

H11: Leandro Usuna (ARG), Kai Mana Henry, Joshua Moniz, Kaimana Jaquias

・ラウンド1

H1: Kai Barger, Noa Mizuno, Gregg Nakamura, Joao Marco Maffini

H2: Mikey Bruneau, Bruce Irons, Shayden Pacarro, Kamalei Alexander

H3: Chris Foster, Ian Gentil, Ulualoha Napeahi, Landon McNamara

H4: Gavin Sutherland, Takayuki Wakita, Dylan Goodale, Elijah Gates

H5: Kona Oliveira, Eala Stewart, Sheldon Paishon, Derek Wong

H6: Kai Mana Henry, Imaikalani deVault, Evan Valiere, Dylan Kowalski (USA)

H7: Makai McNamara, Kalani Chapman, Luke Shepardson, Jason Shibata

H8: Myles Padaca, Allen Schuyler, Travis Beckmann, Ezra Sitt

ハイライト動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)