JSからリリースされたジュリアン・ウィルソンの小波用シグネチャーボードモデル「Air17」

シェア(記事を気に入ればお願いします)

JS Air17

昨年2015年シーズンのWCTランク6位のジュリアン・ウィルソン「Julian Wilson」(27歳)。昨シーズンは初めてタイトルレースに絡む活躍を見せ、本人にとってもワールドタイトル獲得が現実味を帯びてきたのでしょ。

今シーズンは、フリーサーフィンの撮影トリップよりも、コンテストにフォーカスを当てたツアー生活を送ると言います。つまり、本腰を入れてワールドチャンピオン獲得を狙うということですね。

今回の動画は、ジュリアン・ウィルソン×JSサーフボードの新作サーフボードモデル「エアー17(Air17)」に乗り、ジュリアンが見せるサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



2013年からジュリアンとJSが開発に取り組んでいたと言うエアー17。小波用となる同モデルは、ジュリアンが得意とするスピードに乗った最先端トリックを可能にする点が特徴。

3月10日からウェイティングピリオドのスタートするスナッパーロックス(ゴールドコースト)でのクイックシルバープロは、予報ではスモールコンディションとなっているので使用するだろうと思います。

スナッパー向けのジュリアンのボードの以下の通り。

Julian Wilson's Weapons for Snapper 2016

ピンク色のスプレーが特徴的ですね。これは、乳がん検診の早期受診を推進するピンクリボン運動の一環。ジュリアンの母親は、乳がんを患った経験を持っています。

そのため、数年前からスナッパーのクイックシルバープロでは、ピンクのスプレーを入れたサーフボードに乗ることで、啓発運動の一翼を担っているのです。

ちなみに今シーズンは、ピンクのカラーが入ったスナッパー向けボードショーツが、ジュリアンのメインスポンサーであるハーレーから発売されているほど、クイックシルバープロにおけるジュリアンのピンクは浸透しています。

ジュリアン・ウィルソンの最近の過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ジュリアン・ウィルソンがミステリーボードを試乗!どのシェイパーのボードが調子が良かったのか?

ジュリアン・ウィルソンがバリ島でJSサーフボードのHYFIをテストライド

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)