五十嵐カノアのWCTデビュー戦「クイックプロ」が明日からスタート!波予報やその他情報など

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via Kanoa Igarashi's twitter

via Kanoa Igarashi’s twitter

いよいよ明日からウェイティングピリオドがスタートする2016年シーズンのWCT(ワールドチャンピオンシップツアー)初戦。今イベントのウェイティングピリオドは12日間で、この期間の中で最も波が良い日または時間帯に開催となります。

今回の記事は、本日3月9日に開催された同イベントのトライアルイベントでワイルドカードを獲得したサーファーや開催日の目安となる波予報、そして、日本人が最も気になる五十嵐カノアに関する情報についてお届けします。


スポンサーリンク



ワイルドカード出場サーファー

WCTイベントにおけるワイルドカード(特別出場枠)は、メンズが2名、ウイメンズが1名となっています。男女共に1名は大抵、ローカルトライアルが開催され、優勝者が獲得します。

メンズの場合はもう1枠あり、主にイベント冠スポンサーのライダーですね。昨年までは、クイックシルバーライダーであったデーン・レイノルズが定番でした。ただ、昨年後半にクイックシルバーとデーンの契約は解消。

昨年4月のケリーに続いてデーン・レイノルズもクイックシルバーとの契約解消

そのため、今回のスポンサー枠のワイルドカードは、WCTサーファーであるオーウェン&タイラーの弟であり、クイックシルバーライダーのマイキー・ライトとなりました。現時点では、コンテストに本腰を入れていないマイキー。

しかし、実力はトップレベルで、たまに参加するコンテストでさらっと優勝したこともあるので、最強の刺客かと思います。

本日のトライアル優勝者は、メンズは昨年のトリプルクラウン初戦で優勝したウェイド・カーマイケル、ウイメンズは現ワールドジュニアチャンピオンのイザベラ・ニコルス。

クイックシルバープロ期間中の波予報

波予報に関しては、昨日お届けした同イベントの予告編でもお伝えした通り、現時点においてビッグスウェルは期待できません。さらに、現地オーストラリアのサーフメディアであるトラックス誌によると以下の言及がありました。

サイクロンスウェルで数週間前までパーフェクトコンディションだったスナッパーロックス(イベント会場)の地形は、今はパーフェクトとは程遠い状況。

クイックシルバーのイベントオーガナイザーと話した所、10日からの4日間は何としてでも開催させたいって話していたよ

イベントの公式波予報をチェックすると、10日が腰~胸サイズ(フェイスで2~4フィート)、11~12日が腰~胸サイズ(3~4フィート)、13日が胸~頭サイズ(4~5フィート)。

この予報を見る限り、個人的な予想としては10日はレイデイ(Layday:コンテストのオフ日)となり、11~13日は開催かなと思います。というのも、長期予報に関しては変わる可能性もあり、運営サイドとしても出来るだけグッドウェイブでの開催を臨むので、予報が好転するチャンスに期待するはずだと思うので。

ワールドツアーのデビュー戦となる五十嵐カノアの動向

今シーズンのWCTサーファーの中では最年少サーファーの五十嵐カノア。当然、メインスポンサーであるクイックシルバーが寄せる期待は並々ならないものがあります。

そのため、同イベントのプレスセッションでは、錚々たる面子の中にカノアも登場。

via SurfingAustralia

via SurfingAustralia

カノアの場合、今シーズンの最年少であることに加え、アメリカと日本の二重国籍であり、日本国籍を持つサーファーとしては初のWCT入りなどといった様々な理由が関係しているのかもしれません。

ただ、どんな理由があろうと、この写真はかなりインパクトがありますね。ただただ、凄い世界へと足を踏み入れてしまったと感じます。

カノアについてはもう一点、昨年からWCTサーファーは自分で背番号を選べる制度となっています。

ツアーサーファーが着用するコンテストジャージーの背番号の意味

カノアの背番号は自身のSNSで発表しています。

via Kanoa Igarashi's twitter

via Kanoa Igarashi’s twitter

SNSでは、どのような意味合いがあるのかについてまでは言及されていませんが、「50」という番号を背負い、ワールドツアーに臨む事となっています。

(追記:2016/3/11)

背番号の「50」は、苗字の「五十嵐」が英語で「the 50-year storm」なので「50」にしたとの事です。

まとめ

サーフィンのワールドツアーとなれば、潮回りや風向きなどを考慮し、午前もしくは午後だけ開催される事も多々あります。そのため、カノアのデビュー戦をライブでチェックしたい方は、公式サイトをチェックして下さい。

会場となるオーストラリアQLD(クイーンズランド)州で午前8時開催であれば、日本時間では午前7時。時差があまりないので、観戦しやすいですね。

明日開催となっても、ウイメンズのみだと予想しています。ちなみに、メンズが開催となれば、カノアの登場はヒート10。各ヒート30分なので、カノアの登場はスタートから4時間半後となるので、早朝とはならないでしょう。

公式サイト「Quiksilver Pro Gold Coast

公式サイト「Roxy Pro Gold Coast