ワールドツアー開始直前に来日した五十嵐カノアのドキュメンタリー動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Kanoa Igarashi

今シーズンから念願のWCTサーファーとなった五十嵐カノア(18歳)。カリフォルニアで生まれ育ってはいるものの、両親は日本人のため、現在は日本とアメリカの二重国籍。

つまり、日本人サーファーとしては初のワールドツアー入りを果たしたのです。ちなみに、WCTサーファーは試合で着用するコンテストジャージの背番号を自分で決められ、カノアが選んだ番号は苗字である「五十嵐」の先頭二文字をもじった「50」。

今回の動画は、五十嵐カノアが2月に来日した際の様子を追ったドキュメンタリー映像をお届けします。


スポンサーリンク



今年2月、パシフィコ横浜で開催されたアクションスポーツの合同展示会「インタースタイル」にて、カノアのサイン会やWCT入りの祝賀会が開催されました。

動画内容は、同イベントのために来日したカノアを密着した内容となっています。本人はアメリカ生まれ育ったため、気持ちとしてはアメリカ人の思いは強いと思いますが、両親の母国である日本も大切にする様子が映像から分かります。

さて、サーファーとして気になるカノアのワールドツアーデビュー戦ですが、日本時間の本日11日の15:30頃からスタート予定。ライブ中継をチェックしたい方は、下記リンク先の公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Quiksilver Pro Gold Coast

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)