• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

Wipeout during Volcom Pipe Pro 2016

2015/2016年シーズンの中で、ベストコンディションのパイプラインで開催されたと言われるほどのエピックコンディションで開催となったQS3,000イベント「ボルコム・パイプ・プロ(Volcom Pipe Pro)」。

QSイベントの中ではグレードが低いものの、ビッグネームが勢揃いとなった同イベントでは、11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーターが2年振りのコンテスト優勝を果たしたりと盛り上がりましたね。

今回の動画は、バレル勝負となる同イベントにおけるワイプアウトシーンの特集映像をお届けします。


スポンサーリンク



プロサーファーであっても、幾多のワイプアウトを強いられた末に、珠玉の一本と言えるバレルをメイクするほど容易くはないチューブライディング。

特にボルコムプロでは、パイプラインを知り尽くしたハードコアローカルに加え、トッププロたちが参戦。そのため、よりディープなバレルをメイクしないと勝ち上がれず、普段以上に攻めた結果、ワイプアウトも多くなるのだと思います。

ただ、我々一般サーファーからして見れば、ある意味で励みになるかと思いました。だって、プロサーファーでさえ、これほどワイプアウトするんだから、我々がバレルを狙ってワイプアウトするのは当然だって自虐的にも考えられるので(笑)。

何はともあれ、バレルを上手くなるには、ひたすら潰されても挫けずにチャージする気持ちを持ち続けるしかないですね。プロも同じ道筋を辿っているのですから。

2016年ボルコムプロの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

2016年の開催が迫った「ボルコム・パイプ・プロ」を振り返ってみよう

ボルコム・パイプ・プロを制した2010~2015年の歴代優勝者のライディング動画

2016年QS3,000「ボルコム・パイプ・プロ」:初日ハイライト

2016年QS3,000「ボルコム・パイプ・プロ」:二日目ハイライト

2016年QS3,000「ボルコム・パイプ・プロ」:最終日ハイライト

ワイプアウトの関連記事
  • 2014/2015シーズンのオニールライダーによるワイプアウト特集@ハワイ
  • ビッグスウェルセッションとなったチョープーのワイプアウト特集@2015年7月22日
  • ビッグウェイブに巻かれ続けながらの自撮り@プエルト・エスコンディード
  • プエルトにヒットしたモンスタースウェルセッション@2015年5月3~4日
  • ジェットスキー ワイプアウト
    自然の前ではマシンも無力!ジェットスキーのワイプアウト動画
  • マウイ島ジョーズでのワイプアウト特集@2015/1/21セッション

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事