• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

Quik riders at GC

ケリー・スレーター、デーン・レイノルズ、クレイグ・アンダーソンといった看板ライダーが離れていったここ数年のクイックシルバー。人気と実績のあるサーファーの代わりとなる存在を獲得するのは簡単ではないですね。

しかし、アスリートが華々しく活躍する時期はそれほど長くない事を考えると、常に新たなライダーを探さなければならないのは、どのブランドであっても同じ。

チームライダーにおいて転換期を迎えているクイックシルバーですが、現在の顔ぶれを見る限り、とても期待できそうなサーファーが揃っています。

今回の動画は、クイックシルバーライダーが、WCT初戦「クイックシルバープロ」の開催期間中にフリーサーフする映像をお届けします。


スポンサーリンク



現在のチームライダーにおいてWCTに参加しているのは、今シーズンでワールドツアー歴10年目となるジェレミー・フローレスを筆頭に、マット・バンティング、ウィゴリー・ダンタス、五十嵐カノアの4名。

WCT入りも時間の問題と考えられるのは、レオナルド・フィオラヴァンティとイズキール”ジーク”ラウ。この二人に関しては、今シーズンにツアー入りを決めても「やっぱり」といった感じでしょう。

クイックシルバーの秘密兵器といった存在は、何と言ってもマイキー・ライト。下記リンク先の過去記事を見ても分かる通り、サーフィンのレベルは突出しています。

マイキー・ライトの爆発力あるオアフ島(ハワイ)でのフリーサーフ動画@2015

ただ、いつ頃から本格的にWQSを転戦し、WCT入りを狙ってくるのかはマイキー本人にしか分かりませんが。

クイックシルバーは、やはりケリーとデーンが在籍していた時代が最も輝いていたと考える人が多いでしょう。果たして、ケリー&デーン時代を超えるような輝きを放つ時期が再び訪れるのか注目ですね。

フリーサーフの関連記事
  • 新旧サーフスタイルを兼ね備えたジュリアン・ウィルソンの最先端ムーブ
  • WSLコメンテーターのピーター・メルによるマーヴェリックスチャージを含むフリーサーフ
  • 今後注目の若手サーファー!ジェイミー・クラプスのフリーサーフィン動画
  • 珍しいリオデジャネイロのスラブ!ブラジリアンビッグウェイブサーファーがトウインサーフ
  • ステファニー・ギルモアの16/17年シーズンのフリーサーフィン動画@オアフ島ノースショア
  • コンテストはオフとなった本日のベルズ・ビーチ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事