Mauli Ola event at Torquay

海による癒やしの力を生かし、遺伝性疾患の患者に自然療法としてサーフィンや海でのアクティビティなどを紹介する非営利団体「マウリ・オラ・ファンデーション(Mauli Ola foundation)」。

同団体は、これまでにもプロサーファーを招き入れて各種イベントを開催しています。今回の動画は、WCT第二戦の開催前、オーストラリアVIC(ビクトリア)州トーキー(Torquay)のビーチで開催されたイベントの映像をお届けします。


スポンサーリンク


ベルズビーチで開催されるリップカールプロのライブを見ていると、ベルズビーチやトーキーと言った名称を耳にしますが、よく分からない方もいると思うので少し説明を。

トーキーは町の名前で、ベルズビーチはトーキーの南西部に位置するサーフスポットです。

さて、今回のイベント参加者は、嚢胞性線維症(のうほうせいせんいしょう)を患う子供たち。同疾患は、日本を含むアジアでは極めてレアな疾患ですが、欧米では2,500人に一人が発症すると言われています。

症状は、全身の分泌液や粘液の粘度が高くなり、気道を閉塞して肺炎となったり、呼吸困難になったりするそうです。平均寿命は、以前は10歳に満たなかったのに対し、医療の進歩により成人まで達する症例も増えていると言います。

そのような子供たちのために、サポートをしたいと今回参加したWCTサーファーは、アドリアーノ・デ・スーザ、コロヘ・アンディーノ、キアヌ・アシン、ジェレミー・フローレス、ナット・ヤング、ミシェル・ボウレズといった面々。

オーストラリアでサーフィンは人気スポーツであるため、子供たちにとっては掛け替えのない時間を過ごせた事でしょう。とても意義深いイベントであり、プロサーファーにとって最重要となるWCTイベント直前にも関わらず、参加を決めたサーファーの心意気に心が暖められます。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事