2016年WCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」:三日目ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

コロヘ・アンディーノ photo:WSL

コロヘ・アンディーノ photo:WSL

現地時間4月10日(オーストラリア)、オーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州マーガレットリバーを舞台にしたWCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ(Drug Aware Margaret River Pro)」が開催。

本日の波は、昨日と似たり寄ったりでしたが、時間の経過と共に面が荒れたチョッピーなトリッキーコンディションとなりました。メンズはラウンド3、ウイメンズはラウンド2が終了。

明日からスタートの2016年「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」情報

2016年WCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」:初日ハイライト

2016年WCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」:二日目ハイライト


スポンサーリンク



まずはメンズの情報から。波乱の連続となった本日は、フィジーイベントでの引退を発表したタジ・バロウ、現ワールドチャンピオンのアドリアーノ・デ・スーザ、昨日絶好調だったジョンジョン・フローレンスが早くも敗退。

レオナルド・フィオラヴァンティ photo:WSL

レオナルド・フィオラヴァンティ photo:WSL

特に注目は、ジャック・フリーストーンのリプレイスメント出場となったレオナルド・フィオラヴァンティの活躍。昨日のケリー・スレーターに続き、本日はアドリアーノを破るビッグネームキラーとなっています。

シングルハイエストスコアとなる9.83ポイントを出したのはコロヘ・アンディーノ。本日もエアーに不向きな強いオフショアの中、とんでもないアーリーウープを見せてのスコアでした。

コロヘ・アンディーノの9.83ポイント

コロヘに次ぐハイスコアはセバスチャン”シーバス”ジーツの9.80ポイント。コロヘとは対照的に、本日のコンディションでは王道となる華麗なレールサーフィンでの事でした。

シーバスの9.80ポイント

日本人としては注目の五十嵐カノアvsジョーディ・スミスは、ジョーディが勝利。正直、ジョーディほどのレベルとなると格が違う印象を受けました。

カノアとしては、ジョーディとターンで勝負しても負けると分かっているので、エアリアルを狙いに行きますが、オフショアという悪状況の中ではことごとくワイプアウト。

ターンもしくはエアリアルのどちらかで、WCTサーファーの中でもずば抜けたスキルを身に付けなければワールドタイトル獲得が厳しいことは本人も分かっているはずなので、さらなるトレーニングを積むことでしょう。

五十嵐カノアのラウンド3ヒート9のダイジェスト動画

メンズに続いて開催されたウイメンズのラウンド2。ほぼ順当な結果となったウイメンズでは、シングルハイエストスコアの9.50ポイント、トータルハイエストスコアとなる18.00ポイントをマークしたタイラー・ライトが好調でした。

タイラー・ライトの9.50ポイント

他には、今シーズンは安定した結果を残せていないステファニー・ギルモアが、8.17ポイントをマークしてラウンドアップを果たしています。

ステフの8.17ポイント

今後の波予報は、明日は本日よりも少しサイズダウンしながらもオフショア。その後はオンショアでスモールコンディションとの予報なので、明日は開催すると思います。

その後の予報は、新たなミディアムサイズのスウェルが金曜をピークとして入り、金曜辺りから風向きが再びオフショアに戻る見込みなので、明日の開催後はしばらくレイデイが続く見込みです。

イベント詳細に関しては、下記リンク先の公式サイトをチェックして下さい。

メンズの公式サイト「Drug Aware Margaret River Pro

ウイメンズの公式サイト「Drug Aware Margaret River Pro (W)

本日の結果

メンズ

・ラウンド3

Heat 1: Matt Wilkinson (AUS) 12.00 def. Matt Banting (AUS) 9.27

Heat 2: Joel Parkinson (AUS) 17.40 def. Michel Bourez (PYF) 11.60

Heat 3: Julian Wilson (AUS) 16.90 def. Miguel Pupo (BRA) 9.80

Heat 4: Nat Young (USA) 18.10 def. Taj Burrow (AUS) 14.77

Heat 5: Adrian Buchan (AUS) 15.50 def. Josh Kerr (AUS) 12.90

Heat 6: Leonardo Fioravanti (ITA) 15.60 def. Adriano de Souza (BRA) 15.50

Heat 7: Gabriel Medina (BRA) 14.67 def. Adam Melling (AUS) 13.10

Heat 8: Kolohe Andino (USA) 16.10 def. Wiggolly Dantas (BRA) 11.20

Heat 9: Jordy Smith (ZAF) 18.54 def. Kanoa Igarashi (USA) 14.16

Heat 10: Sebastian Zietz (HAW) 17.73 def. Jeremy Flores (FRA) 16.20

Heat 11: Caio Ibelli (BRA) 16.27 def. John John Florence (HAW) 15.54

Heat 12: Italo Ferreira (BRA) 12.43 def. Alejo Muniz (BRA) 8.23

ウイメンズ

・ラウンド2

Heat 1: Malia Manuel (HAW) 14.10 def. Keely Andrew (AUS) 6.70

Heat 2: Bianca Buitendag (ZAF) 11.83 def. Chelsea Tuach (BRB) 9.00

Heat 3: Tyler Wright (AUS) 18.00 def. Felicity Palmateer (AUS) 14.16

Heat 4: Laura Enever (AUS) 10.10 def. Johanne Defay (FRA) 7.36

Heat 5: Stephanie Gilmore (AUS) 15.10 def. Coco Ho (HAW) 12.67

Heat 6: Sage Erickson (USA) 15.04 def. Alessa Quizon (HAW) 10.66

ハイライト動画
下記画像をクリックしたリンク先からチェックして下さい。
2016 3rd day Margies Pro Highlight