2016年WCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」:五日目ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

タイラー・ライト photo:WSL

タイラー・ライト photo:WSL

現地時間4月15日(オーストラリア)、オーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州マーガレットリバーを舞台にしたWCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ(Drug Aware Margaret River Pro)」が開催。

ウイメンズは最終日となり、WCT初戦に続く2勝目となるタイラー・ライトの優勝で終了。メンズはラウンド4~クオーターファイナルまで開催されました。

明日からスタートの2016年「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」情報

2016年WCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」:初日ハイライト

2016年WCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」:二日目ハイライト

2016年WCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」:三日目ハイライト

2016年WCT第三戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ」:四日目ハイライト


スポンサーリンク



最終日となったウイメンズは、クオーターファイナルでステファニー・ギルモア、セミファイナルでカリッサ・ムーアがタイラーに敗退。ただ、勢いがあったのは、スコア的に見ても昨年WCTランク2位のコートニー・コンローグ。

コートニー・コンローグの9.33pt@クオーターファイナル

各ヒートでコートニーが波に乗る本数は多くはないものの、数少ないチャンスで確実にハイスコアをマーク。波選び、そして波に乗ってからワイプアウトの少ない集中力は圧巻でした。

ちなみに、ファイナルまで勝ち上がったコートニーは、第三戦の今回で3回目のファイナル出場。すべてのイベントでファイナリスト入りしているというわけです。

そんなコートニーとタイラーのファイナル。ほとんど波に乗る事のないスロースタートとなったファイナルでは、タイラーが一本目で8.93ポイントを出すと、その後はタイラーのやりたい放題。

結局、タイラーはトータルで5本の波に乗り、8ポイント台×2に9ポイント台×2というハイスコアを連発し、コートニーに付け入る隙を与えずに優勝を飾りました。

ウイメンズのファイナル動画

メンズで注目されたのは、現在2連勝中のマット”ウィルコ”ウィルキンソン、そしてリプレイスメント出場でケリー・スレーターやアドリアーノ・デ・スーザを破っているレオナルド・フィオラヴァンティ。

マット・ウィルキンソン photo:WSL

マット・ウィルキンソン photo:WSL

ウィルコは3人ヒートのラウンド4で破れた後、ラウンド5でナット・ヤングに破れ、ついに敗退を喫することになりました。ただ、すでに果たした2連勝により、しばらくはランキングトップに君臨することでしょう。

レオナルド・フィオラヴァンティ photo:WSL

レオナルド・フィオラヴァンティ photo:WSL

一方のレオは、3人ヒートのラウンド4をトップ通過してクオーターファイナル進出を果たしたものの、クオーターではジュリアン・ウィルソンに敗退。ただ、派手なインパクトを残したことは間違いないですね。近い将来のツアー入りが楽しみです。

本日のシングルハイエストスコアの9.50ポイント、トータルハイエストスコアの18.17ポイントを出したのはジュリアン。オープンフェイスでのレールワーク、特にボトムターンは強烈です。

幼い頃のジュリアンはロングボーダーとしてコンテストにも参加していたので、基礎となるレールワークが際立ってますね。また、通常であれば不格好に見えるはずのワイドスタンスも、ジュリアンだとクールに見えるのもスタイルの一つではないでしょうか。

ジュリアン・ウィルソンの9.50ポイント@クオーターファイナル

ジュリアンとはスタンスが逆となりバックサイドのイタロ・フェレイラも、凄まじいレールサーフィンで9.13ポイントをマーク。とても身長168センチには見えない大きなラインを描いていました。

イタロ・フェレイラの9.13ポイント@クオーターファイナル

今後の波予報ですが、明日は本日のスウェルが一日を通してサイズダウン傾向。しかし、メンズの最終日にする予定との事なので、朝一からスタートして終わらせることでしょう。

ちなみに明日は、スラブ(slab:底ボレするバレル)のライトハンダーで有名なバックアップ会場のザ・ボックスでの開催も視野に入れているとのことで、サーファーによっては会場次第で優勝のチャンスが左右されることでしょう。

イベント詳細に関しては、下記リンク先の公式サイトをチェックして下さい。

メンズの公式サイト「Drug Aware Margaret River Pro

ウイメンズの公式サイト「Drug Aware Margaret River Pro (W)

本日の結果

ウイメンズ
・ファイナル

1st: Tyler Wright (AUS) 18.67

2nd: Courtney Conlogue (USA) 14.70

・セミファイナル

Heat 1: Courtney Conlogue (USA) 17.44, Tatiana Weston-Webb (HAW) 12.17

Heat 2: Tyler Wright (AUS) 15.07, Carissa Moore (HAW) 14.77

・クオーターファイナル

Heat 1: Tatiana Weston-Webb (HAW) 15.00, Sally Fitzgibbons (AUS) 7.20

Heat 2: Courtney Conlogue (USA) 17.33, Laura Enever (AUS) 6.67

Heat 3: Carissa Moore (HAW) 14.57, Bianca Buitendag (ZAF) 6.40

Heat 4: Tyler Wright (AUS) 16.53, Stephanie Gilmore (AUS) 8.74

メンズ
・クオーターファイナル

Heat 1: Joel Parkinson (AUS) 15.87, Nat Young (USA) 14.24

Heat 2: Julian Wilson (AUS) 18.17, Leonardo Fioravanti (ITA) 13.10

Heat 3: Italo Ferreira (BRA) 17.96, Kolohe Andino (USA) 12.50

Heat 4: Sebastian Zietz (HAW) 12.50, Caio Ibelli (BRA) 9.93

・ラウンド5

Heat 1: Nat Young (USA) 16.37, Matt Wilkinson (AUS) 8.83

Heat 2: Julian Wilson (AUS) 14.17, Adrian Buchan (AUS) 10.26

Heat 3: Italo Ferreira (BRA) 15.93, Gabriel Medina (BRA) 13.17

Heat 4: Caio Ibelli (BRA) 13.03, Jordy Smith (ZAF) 10.83

・ラウンド4

Heat 1: Joel Parkinson (AUS) 13.10, Matt Wilkinson (AUS) 12.93, Julian Wilson (AUS) 12.43

Heat 2: Leonardo Fioravanti (ITA) 11.97, Adrian Buchan (AUS) 11.87, Nat Young (USA) 11.60

Heat 3: Kolohe Andino (USA) 14.20, Gabriel Medina (BRA) 12.00, Jordy Smith (ZAF) 12.00

Heat 4: Sebastian Zietz (HAW) 14.17, Caio Ibelli (BRA) 12.57, Italo Ferreira (BRA) 12.56

ハイライト動画