67歳のミスター・パイプラインことジェリー・ロペスが米国オレゴンでリバーサーフィン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Gerry Lopez River Surfing

ハワイのオアフ島ノースショアに位置するパイプラインにおいて、あまりに波と同化した美しいスタイルでライディングすることから「ミスター・パイプライン」と呼ばれていたジェリー・ロペス「Gerry Lopez」(67歳)。

72年と73年にはパイプマスターズで優勝し、パイプマスターの称号に輝いています。実績といった細かい点を抜きにすれば、現代で言う所のジェイミー・オブライエンやジョンジョン・フローレンスといった存在ですね。

今回の動画は、レジェンドサーファーであるジェリー・ロペスによるリバーサーフィンの映像をお届けします。


スポンサーリンク



サーフィン界のレジェンドであるジェリーは、92年に家族と一緒に米国オレゴン州ベンドへと引っ越し。サーフィンパラダイスのハワイから、スノーエリアのオレゴンへと生活の舞台を移したのです。

オレゴンでは、サーフィンはもちろんのこと、スノーボードに没頭していることは有名な話。また、スノーボード自体を製作したりとクリエイティブな生活を送っているそうです。

そんなジェリーが、オレゴンでリバーサーフィンしているとは意外な事実。すでに還暦を超えたジェリーが、今でもリラックススタイルで波に乗る姿は見ていて嬉しくなりますね。

ちなみに、ジェリーがリバーサーフィンしている場所は、オレゴン州ベンドにあるベンド・ホワイトウォーター・パーク(Bend Whitewater Park)内の川ということです。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)