メルボルンに続いてシドニーでもウェイブプール!アーバンサーフが2018年オープン予定

シェア(記事を気に入ればお願いします)

URBNSURF Sydney

今月前半、オーストラリアのメルボルンでウェイブガーデンを使ったウェイブプール「URBNSURF(アーバンサーフ)」が、2017年オープンに向けて動いているとお伝えしました。

メルボルンにオーストラリア初のウェイブプール!2017年後半にオープン予定

それからわずか数週間後にして、再びアーバンサーフが2018年オープンを目指してシドニーでもウェイブプールを建設するとの驚きのニュースを発表。

今回の記事は、オーストラリアで2つ目になるであろうシドニーに建設予定のウェイブプールに関する情報をお伝えします。


スポンサーリンク



またオーストラリアで!と意外であった今回のニュース。今回もまた、オーストラリア国内におけるウェイブガーデンのライセンスホルダーであるアーバンサーフによるウェイブプールです。

建設地はシドニー・オリンピック・パークで、シドニー中心地からは13キロの距離という立地。メルボルンでの建設予定地と同じく、都市型のウェイブプールですね。

URBNSURF Sydney2

大きな特徴としては、LEDを使うことでナイトサーフィンを可能とさせる点。つまり、日中のみならず、仕事終わりの夜間にサーフィンを楽しむことも可能になるというわけです。

基本的にはメルボルンのウェイブプールと似たり寄ったりになる予定ですが、興味深いのは風向きを考慮した作りになっている点。これまでのウェイブガーデンを利用したウェイブプールは、いずれも屋外型です。

そのため、波は風の影響を受けることになります。そこで建設エリアの主要な風向きを配慮し、波のフェイスを整えてくれるオフショアになる向きに建設することになります。

ただし、エアリアルサーファーにとって好ましい風向きはオンショアと言われています。リップから飛び出した時、サーフボードのボトム面に風が吹き付け、ボードが足に押し付けられるのでエアーがメイクしやすいためです。

となると、練習したいマニューバに応じて風向きをチェックしてから、いつ行くのか決めたりするようになるのかもしれませんね。

シドニーでの建設に関してはメルボルンよりも先の話となりますが、最新情報が届き次第、随時情報をお伝えしていきます。

詳細については、下記リンク先の公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「URBNSURF Sydney