ビアンカ・ビュイテンダグがスケルトン・ベイで女性サーファー初!?チャージ動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Bianca Buitendag Skelton Bay

先日お届けしたばかりのスケルトン・ベイ(ナミビア)での今シーズンのオープニングスウェル。ケパ・アセロとナチョ・ゴンザレスによるトリップ映像です。

6年越しのドリームウェイブ!ケパ・アセロが世界最長バレル@ナミビアをスコア

オープニングスウェルが到来したスケルトン・ベイには、実はウイメンズWCTサーファーのビアンカ・ビュイテンダグ「Bianca Buitendag」(22歳)も現地入りし、セッションに参加していたとのこと。

今回の動画は、ビアンカ・ビュイテンダグがスケルトン・ベイを訪れた際のフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



南アフリカ出身のビアンカにとって、隣国であるナミビア。そんなナミビアのスケルトン・ベイにおいて、ウイメンズサーファーがサーフしたのは、おそらく初の試みと思われる今回の動画。

世界最長バレルのレフトと呼ばれるスケルトン・ベイは、世界中のプロサーファーにとってドリームウェイブ。では、なぜ女性サーファーは訪れないのか!?

それは、バレルになるということはテイクオフはかなりホレ上がり、女性サーファーには簡単に乗れないことが理由だと思います。オアフ島ノースショアのパイプラインでほとんど女性サーファーを見ないのと同じではないでしょうか。

ここ数年、パイプラインで数名だけのウイメンズサーファーが出場する特別ヒートが開催されています。その様子を見ると、ベストタイミングでパドルしているにも関わらず、波に置いて行かれている映像を何度も見ました。

その時に、ヘビーウェイブになるとメンズとウイメンズでここまで違うのかと感じました。パドルスピードや経験など、あらゆる要素が組み合わさっての結果だと思います。

今回の動画を見ても、ビアンカのライディング映像は数本のみ。まともに乗れた波数が少なかったのだと思います。ただ、チャレンジしなければ進化もないので、今回のチャレンジはウイメンズサーファーにとって大きな刺激を与える意味合いをもつ動画ではないでしょうか。

ビアンカ・ビュイテンダグに関する過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

GoProチームとなったフィリペ・トレドとビアンカ&ジョアンのWCTサーファー

南アのトランスカイでロードトリップ:ビアンカ&リー・アン

USオープン後にフランスで10日間の集中トレーニング:ビアンカ・ビュイテンダグ

2013年度WCTウイメンズno.8:ビアンカ・ビュイテンダグ