• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

Dillon Perillo somewhere in Pacific

ウインターシーズンのオアフ島(ハワイ)ノースショアにビッグスウェルが入る予報ともなれば、プロサーファーがこぞって集まり、ラインナップが混雑するのは必至。

一方、リップカールのサーチでは、メジャーなサーフエリアではなくサーファーが誰も訪れないようなヴァージンウェイブを追求する対極のスタイル。

今回の動画は、リップカールライダーでサーフトリップを専門とするフリーサーファーのディロン・ペリロ「Dillon Perillo」(25歳)が、サーチトリップに出た際の映像をお届けします。


スポンサーリンク



リップカールによると、トリップに出るきっかけとなったのは、オアフ島ノースショアに8フィートスウェルがヒットした時のこと。同スウェルの動きを追跡して、ノースショアから何マイルも離れたエリアに狙いを定めたと言います。

ディロンによると、今回の目的地は飛行機でアクセス可能ではあるものの、フライトは週一便しかないそうです。つまり、一度訪れたら、波を当てようが外そうが一週間は離れることができません。

それだけ人里離れたエリアとあり、携帯も使い物にはならず。メールを一通ダウンロードするだけで、45分ほどの時間が掛かったと言います。

インターネットの影響から、大抵のエリアならば簡単に情報が入る時代でありながら、あえて現在社会からは遮断されたエリアを訪れる、いわば過去のサーフトラベラーのルーツを辿るような今回のトリップ。

訪れる人が少ない影響からか、どこまでも突き抜けるように美しい色をした海では、誰にも乗られることのない無人のラインナップが広がる信じられない光景。まさに、サーチシリーズの真骨頂と言えますね。



ディロン・ペリロに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ミック・ファニングなどリップカールライダーのサーチトリップ@インドネシア

リップカールとサーチ契約を結んだディロン・ペリロ

オレゴン~カリフォルニアまでの1,600マイルのロードトリップ:ヤディン&ディロン

サーフトリップの関連記事
  • レンボンガン島セッションがメインの韓国サーファーガールのバリ島トリップ
  • トレン・マーティンが中米で見せたツインフィンでスタイリッシュな最新フリーサーフ動画
  • バリ島ブキット半島をボートクルーズ
  • デーンとクレイグが認めた14歳のスタイルマスターがトム・キャロルとニュージーランドトリップ
  • サリナ・クルス(メキシコ)へとファンウェイブトリップ:レイラ・ハースト
  • どこまでも巻き続けるスケルトンベイ(ナミビア)!陸と海からのロングバレル動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
エンターテイメント
サーフボードにライトを付けるなんて発想を誰が思いついたのでしょうか!?動画の会話は、ワールドツアラーであるアドリアーノ・デ・スーザ(ブラジル...
エンターテイメント
7マイルの奇跡と称されるオアフ島ノースショアには、玄関口であるハレイワに始まり、ワイメア、サンセット、パイプライン、バックドアなど、数多くの...