ケリー・スレーターがタバルア島(フィジー)で「バナナ」モデルをテストライド

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Kelly Slater riding Banana model

今シーズンのワールドツアーでは、過去に例がないほど調子が悪い結果続きとなっている11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター「Kelly Slater」(44歳)。

そんなケリーがつい先日、本人お気に入りの場所であるフィジーのタバルア島を訪れ、自身のボードブランド「Slater Designs(スレーターデザインズ)」のテストライドを行っていたそうです。

今回の動画は、スレーターデザインズのファーストラインの一つである「バナナ」モデルに乗るケリー・スレーターのフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



バナナと言えば、昨年のパイプマスターズでケリーが使用したモデル。あの当時、スレーターデザインズについての情報が出回ってなかったので、見知らぬロゴのボードに乗るケリーに驚かされましたね。

ケリー・スレーターがサーフボードブランドを始動!?「Slater Designs」とは

そして今年1月に開催されたサーフエクスポにおいて、正式に発表されたスレーターデザインズ。ファーストラインとして紹介されたのが3モデルで、その内の一つがグレッグ・ウェバーのバナナです。

ケリー・スレーターのボードブランド「スレーターデザインズ」が3モデルをお披露目

発表によると、バナナはビッグサイズのホレた波向けモデル。そのため、サイズが小さかったWCT初戦のクイックプロで使用していたのは不思議な感じがしました。改良版バナナだったのでしょうかね!?

ただ、今回の動画の舞台はタバルア島のクラウドブレイクやレストランというホローなレフトハンダー。ということで、まさにバナナに最適な波と言えますね。

ちなみに、クラウドブレイクではオールラウンドモデルの「オムニ」も使用したとSNSでコメント。長さは5’4″とのこと。

ケリー本人は「エポキシ製のオムニは、ちょっと軽くて長さが短かったから、まるでスノーボードしているような気分だったよ」とコメントを残しています。

ミニボードといったサイズのオムニでクラウドブレイクに乗れる事を考えると、ケリーならば、どんなボードでも良いんじゃないかなって思ってしまいますね。


ケリー・スレーターの最近の過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

スレーターデザインズの新モデル!?ケリーがサイモン・アンダーソンのボードをテストライド

ケリー・スレーターも出演するボルコムライダーのマウイ島ウインターセッション

ケリー・スレーターが過去最大のスランプ!身近なサーファーが考える理由とは

ケリー・スレーターが44歳!これまでのダイジェストサーフ動画&伝説を振り返ろう