タナー・グダスカスが訪れたポジティブな気分になれるメンタルパラダイス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Tanner Guduaskas mental paradise

嫌なことがあって気分が落ち込んだりしても、サーフィンに行くことで気分が切り替わり、ポジティブな気持ちになれることってありますよね。特にサーフトリップなら尚更。

タナー・グダスカス「Tanner Guduaskas」(27歳)は、ネガティブな気持ちに襲われた時、気分一新のために好きな事を好きな仲間とするために訪れる場所をメンタルパラダイス(Mental Paradise)と称します。

今回の動画は、タナー・グダスカスがメンタルパラダイスを訪れた映像をお届けします。


スポンサーリンク



今回の動画が撮影されたのは、インドネシア、フィジー、フランス、カリフォルニアと様々なエリア。言ってみれば、タナーのシグネチャームービーといった感じです。

所々で二択クイズが入ります。

Q. Butt or boobs(お尻と胸なら)?

A. Boobs.

Q. Dane or Kelly(デーンとケリーなら)?

A. Dane Gudauskas.

「デーン」というところはレイノルズを指した質問ながら、自分の兄弟を口にしたりとジョークな内容ですね。

さて、タナーはグダスカス3兄弟の末っ子で、2010年には21歳という若手でWCT入りしたほど実力のあるサーファー。注目はスピードですね。

スピードがあるからスプレーが大きく飛び、スピードがあるからエアーの高さが出る。つまり、スピードが全てなサーフィン。波のパワーポケットをキープしながらサーフするというのは、よく言われるポイント。

ただ、WCTサーファーレベルになると、生み出すスピードのレベルが桁違い。一体全体どうなっているのか、じっくりとある程度のサイズの画面で動作をチェックしながら見て欲しい動画です。



タナー・グダスカスに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

デーン・レイノルズ&グダスカス兄弟のCIライダーによるサーフ動画@リンコン

ホームブレイクのトレッスルズでフリーサーフ:パトリック&タナー・グダスカス

グダスカス三兄弟による日本トリップ

ハーレー・プロにワイルドカード出場するタナー・グダスカス