• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

Movpak 4

慢性的な渋滞に悩まされる都心での生活。移動手段として車を選べば、どこに行くにも渋滞で時間が掛かる上に駐車場探しの問題も。自転車を選んだとしても、こちらも置き場所などの問題があります。

通勤や通学者ならば、必ず持っているのが書類や教科書などを入れるカバン。ならば、そのカバンと移動手段を一体化させれば、全ての問題解決と考えたのが米国マイアミ発の「Movpak(ムーブパック)」。

今回の記事は、バックパックと電動スケートボードを一体化させたムーブパックについてお伝えします。


スポンサーリンク



ムーブパックは現在、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で資金集めしている商品。実は二年前にもクラウドファンディングを利用したものの、資金集めに失敗。それから改良を進め、今回で二度目のチャレンジとなります。

商品自体は、電動スケートボードがバックパックに内蔵され、スケートを使用しない時はただのバックパックとして背負えるので、スケートが邪魔になることもありません。

Movpak 1

電動スケート自体の性能は、最大時速20マイル(約32キロ)、一回の満充電で10マイル(約16キロ)ほどの走行が可能。満充電までにかかる時間はおよそ2時間程度とのこと。

スケートボードに乗れない人でも安心。ムーブパックは、小型リモコンでスピードアップやブレーキといったスピード調整ができるので、すぐに乗り慣れるとのこと。

Movpak 2

夜間であっても使用が可能。スケートながらも、フロント部分にヘッドライトを装着してあるので、安心して夜でも手軽な移動が楽しめます。

Movpak 3

バックパックが多機能な点も注目。大きな特徴としては、バックパックにスピーカーとマイクが内蔵されているので、Bluetoothを介して音楽を流したり、スマホの音声アシスタント機能を使うことも可能です。

単純に電動スケートボードとバックパックを一体化させたわけではない、多機能なムーブパック。クラウドファンディング中の現在は通常価格1,200ドルのところ、アーリーバード価格として残り少数ながらも599ドル+送料で入手可能。配送は世界中に対応しています。

現時点におけるクラウドファンディングの状況は、募集終了まで一ヶ月以上の期間を残しながら、すでに目標額の二倍以上の資金集めを達成。興味のある方は、下記リンク先から詳細をチェックして下さい。

リンク先「Movpak

グッズの関連記事
  • 「スタンドアップペダル」は「スタンドアップパドル」ほどの人気を集めるのか!?
  • 腰痛サーファーのパドル時の負担を軽減するパドルピロー
  • Nixonから来春発売予定のサーファー向けスマートウォッチ「The Ultratide」
  • デーン・レイノルズのフリーサーフ!Formerのボードショーツ「Control」PR動画
  • 近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
  • オーストラリア発:デザインと機能性に優れたハンドプレーンを生み出す「エクト・ハンドプレーンズ」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
エンターテイメント
今作でシリーズ第三弾を迎える人気作品のWho is JOB。タイトル通り、オアフ島ノースショア出身でパイプラインの申し子とも言えるジェイミー...