• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

Ozzie Wright walking on the lip

現在ほどフリーサーファーという存在が一般的ではなかった頃から、コンテストというメインストリームから離れてフリーサーファーとしての道を切り開いていった二人のオージーサーファー。

その二人とは、異なったサーフスタイルを持つデイヴ・ラストヴィッチ「Dave Rastovich」(36歳)とオジー・ライト「Ozzie Wright」(39歳)。

今回の動画は、フリーサーファーの先駆者とも言えるラスタとオジーが、ホームであるバイロンベイでフリーサーフする映像をお届けします。


スポンサーリンク



ラスタのホームがバイロンベイであることは有名ですが、オジーはシドニーのナラビーンではと思う方が多いはずです。最近になって、ガールフレンドのサーフキャリアを考え、オジーはバイロンベイに引っ越したそうです。

さて、そんな二人ですが、昔からの共通点としては、いわゆるミニボードが流行する以前から短いボードに乗っています。ただし、ラスタはツインフィンといったオルタナティブ系ボードでのマニューバ、オジーはエアリアルといったトリックが特徴。

ラスタに関しては、ハイパフォーマンスサーフムービーを手掛けていたテイラー・スティール監督作品に出演していた際も、周りが最先端トリックを見せる中、レトロツインでフロー重視のライディングを見せていたのは異彩を放っていて、今なおそのスタイルは健在ですね。

トリッキーなスタイルのオジーは、今回の動画でもフローター中にウォーキングを見せたりと、オリジナルのスタイルにブレはありません。

この二人がフリーサーファーとして成功していなければ、現在ほどスポンサーはフリーサーファーという存在をサポートしていなかったかもしれません。そう考えると、コンテスト以外のキャリアを切り開いたレジェンドと言えるのではないでしょうか。

ラスタとオジーの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

昨年ケリーがチャージしたポルトガルのスラブに登場のラスタ&ノア

オジー・ライトのイスラエル初WSLイベント参加に密着したドキュメント動画

フリーサーフの関連記事
  • ハワイのファンウェイブでフリーサーフ:マヤ・ガベイラ
  • ダブルオーバーヘッドのビッグバレルも攻めるカリッサ・ムーア!クラウドブレイク動画
  • アドベンチャーやビッグウェイブも詰まったWCTサーファーのレイデイ@2016年ポルトガル
  • アルビーがエアーで片足を抜く妙技ありのマウイ島ローカルによるサマーセッション
  • セス・モニーツ ハワイ
    パイプチャージもあるセス・モニーツの最新フリーサーフ動画@ハワイ
  • オニールによる2014年動画からお気に入りのシーンをまとめたベスト映像

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
コンテスト
第四弾の今回は、フィジーで開催されワールドツアー第4戦目となるボルコム・プロのヒートになります。前回までの記事を見ていない方は、下記のリンク...