• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
ショーン・ロペス(ジェリー・ロペスの甥) photo:WSL

ショーン・ロペス(ジェリー・ロペスの甥) photo:WSL

メンズに先立つ5月29日から、ウイメンズのWCT第四戦「フィジー・ウイメンズ・プロ」の会場となるフィジーのクラウドブレイク。

そのクラウドブレイクに現在、歴史的なビッグスウェルが押し寄せ、ビッグウェイブサーファーが集まってスーパーセッションが繰り広げられているそうです。

今回の記事は、スーパーセッションの映像、ワイプアウトを強いられて溺死寸前の危険な状況に陥ったアーロン・ゴールドに関する情報をお伝えします。


スポンサーリンク



まずは、アーロン・ゴールドのニュースから。アーロンと言えば、エルニーニョ年といった2015/2016年シーズンのマウイ島ジョーズにおいて、ジョーズでのパドルイン史上最大サイズの波にチャージしたサーファーとして、一気に注目を集めたビッグウェイブサーファー。

マウイ島ジョーズのパドルインで過去最大サイズのチャージ@2016/1/15

4月に開催されたビッグウェイブアワードでは、当然と言うべきか、同アワードにおいてパドルアワードを受賞しました。

今年もシェーン・ドリアンが制した2016年WSLビッグウェイブアワード

そんなアーロンは、WSLによるとフィジー時間の今朝8時半頃、8フィートほどのソリッドスウェルにチャージしたもののワイプアウト。ワイプアウト後は2本の波に巻かれ続けて意識を失ったとのこと。次に目撃されたのは、意識を失ったアーロンが、海面に顔を沈めた状態で浮かんでいる姿だったそうです。

第一発見者となったフィジアンのウリ・クロップはすぐさまジェットスキーで駆けつけ、アーロンをボートへと連れて行き、ボート上でマーク・ヒーリーがCPR(心肺蘇生法)を行うことに。

すぐには意識が戻らなかったアーロンですが、ボートでアウターリーフのクラウドブレイクからタバルア島へと戻る途中で意識を戻し、後に病院へと搬送されたと言います。

意識回復後のアーロン・ゴールド via Benji Brand's Instagram

意識回復後のアーロン・ゴールド via Benji Brand's Instagram

少しでも発見が遅れていたら、確実に命を落としていたはずのアーロン。命を賭けたチャージをするビッグウェイブサーファーたちが、互いを気に掛けることで救われた命であり、非常にホッとしました。

まさにサバイバルセッションとなっている現在のクラウドブレイク。下記動画は、WSLが公開したセッションの一部映像となります。

マイク・ピーチのチャージ動画


ダミアン・ホブグッドのチャージ動画1


ダミアン・ホブグッドのチャージ動画2


マーク・ヒーリーのチャージ動画


デーン・グダスカスのチャージ動画


ビッグウェイブの関連記事
  • マウイ島ジョーズでの大混雑ハワイアンセッション
  • タジ・バロウ&マーク・マシューズによる命がけ撮影フルドキュメント
  • トリプルオーバーまでサイズアップした7月12日のプエルト・エスコンディード(メキシコ)
  • BWWTイベント第一戦「ビラボン・ピコ・アルト」
  • マウイ島 ジョーズ ピアヒ・チャレンジ
    2015/2016年シーズンBWTイベント「ピアヒ・チャレンジ」:ハイライト
  • 60フィートの波でシェアライド!?ブラジリアンサーファーがナザレでパーティーウェイブ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事