パイプでの骨盤骨折から半年!ビード・ダービッジがついにサーフィン復帰へ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Bede Durbidge in the water

昨年2015年のWCTランキング12位のベテランWCTサーファーであるビード・ダービッジ「Bede Durbidge」(33歳)。

昨年のツアーイベント最終戦となるパイプマスターズにおいて、体を支える土台とも言える骨盤を骨折するという大怪我を負い、現在はワールドツアーから離れています。

2015年パイプマスターズで大怪我を負ったビード・ダービッジの状況

今回の記事は、骨盤骨折からおよそ半年が経ち、ようやくビード・ダービッジがサーフ復帰したと自身のSNSで発表したので、その内容についてお伝えします。


スポンサーリンク



昨年12月に開催されたパイプマスターズでのヒート中のワイプアウトで骨盤骨折後、車椅子生活を強いられる事となったビード。2月になると松葉杖生活に代わり、プールでのリハビリを開始することに。

その後、4月になると海に戻り、ボディサーフィンをするまでになりました。ゆっくりではあるものの、徐々にサーフィン復帰に近付いていることが分かっていましたね。

そして昨日、SNSで下記の投稿を公開となりました。

After being out of action for nearly 6 months, I'm back surfing again… Well standing up and cruising along, which I'm so grateful for. This 7'6 single fin will be my board for the next few weeks then I'll progress to something smaller. I can't thank everyone enough that has helped me get back to where I am today. My wife, daughter, family, friends, sponsors, medical team, Wsl, tour mates and all you people that have followed my recovery journey. Thanks for all amazing supportive messages along the way. They have helped push me everyday. I'm so grateful to be able to surf again and I'll never take another surf for granted. ?? @tazandwilly @chrisprosser Jedda Kennedy ,Jason Tsung @surfingaushpc @foxsurf @rockstarenergy @houseofmarley @mtwoodgeesurfboards @komunityproject @pandanus_adaptivesurfequipment @wsl @balterbrewers #liveforit #roadtorecovery #whatdoesntkillyoumakesyoustronger

@bededurboが投稿した写真 –

およそ6ヶ月振りのサーフィン復帰。テイクオフしてクルーズしてるだけなんだけど、感謝の気持ちでいっぱいだよ。今使ってるボードが写真の7’6″シングルフィン。これから数週間はこのボードで慣らし、その後は徐々に短いボードに移行するつもり。

家族、友達、スポンサー、医療関係者、WSL、ツアー仲間、ファンのみんなには感謝してもしきれない。今の僕がいるのは、みんなのおかげなんだから。再びサーフィンできたことは本当に嬉しいから、これからはサーフィンできて当たり前じゃなく、感謝の気持ちを持つよ。

ようやく、スタンドアップサーフィンができるまでに回復したビード。半年もサーフィンから離れていたので、本調子になるまでにしばらく時間は掛かると思いますが、嬉しいニュースです。

何があろうと諦めることなく、たとえ歩幅が狭くても一歩一歩着実に前進しているビードの様子からは、勇気を与えられます。再びの勇姿が見られる日を楽しみにしたいですね。

ビード・ダービッジの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ホームのストラディでフリーサーフ:ビード・ダービッジ

2013年度WCTメンズno.21:ビード・ダービッジ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)