これで15歳!?WCTサーファーの弟で次世代ブラジリアンのサミュエル・プポ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Samuel Pupo Aus

ブラジリアンWCTサーファーのミゲル・プポの弟である次世代ブラジリアンストームの一人であるサミュエル・プポ「Samuel Pupo」(15歳)。

兄のミゲルが2014年ワールドチャンピオンのガブリエル・メディナと親友であり、二人のホームブレイクはマレシアス。つまり、サミュエルは幼い頃から、ワールドチャンプとなるガブリエルのサーフィンを見ながら育ったわけですね。

今回の動画は、サミュエル・プポがオーストラリアの東海岸でフリーサーフする映像をお届けします。


スポンサーリンク



ブラジリアンストームの第一世代の先頭に立つのが2015年ワールドチャンピオンのアドリアーノ・デ・スーザ「Adriano de Souza」(29歳)なので、サミュエルはすでにブラジリアンストームが台頭する様子を見ながら育った世代ですね。

サミュエルとミゲルの父親であるワグナー・プポは、90年台にWQSサーファーとしてコンテスト参戦していた元プロサーファー。現在はシェイパーとして、息子たちのボードをサポートしています。

そんな恵まれた環境で育ったサミュエルは、昨年、ホームのマレシアスで開催されたリップカールのグロムサーチで優勝と実績を積み上げています。

16歳以下のサーファーが競うリップカールのグロムサーチ@マレシアス

今回久しぶりにサミュエルの動画となるのですが、半端じゃなく上手くなっています。WQSをフル参戦すれば、現時点でツアー入りできる可能性も十分にあるんじゃないかなと思えるほどで、とてもじゃないけど15歳とは思えないレベルです。

確実にブラジルのグロム世代を牽引する次世代ブラジリアンストームであり、数年後にはワールドツアーで活躍していてもおかしくない存在ではないでしょうか。


サミュエル・プポの過去記事は、下記リンクからチェックして下さい。

ブラジリアンヤングガン:サミュエル・プポ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)