オアフ島ノースショアのベスト映像凝縮の「O’Neill Wave of the Winter The Movie」

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ジャック・ロビンソン@パイプライン

ジャック・ロビンソン@パイプライン

わずか7マイル(約11キロ)という狭い海岸線にワールドクラスのサーフスポットが密集していることから、セブンマイルミラクル(Seven Mile Miracle)と呼ばれるハワイのオアフ島ノースショア。

そのセブンマイルミラクルで、シーズンとなる冬の間にとんでもないライディングを見せたサーファーを決めるイベントが、今年で6年目となる「オニール・ウェイブ・オブ・ウインター(O’NEILL WAVE OF THE WINTER)」。昨年までは冠スポンサーがオークリーでしたが、オニールに変わりましたね。

今回の動画は、オニール・ウェイブ・オブ・ウインターに寄せられた映像の数々をまとめてムービーとした28分の長編映像「O’Neill Wave of the Winter The Movie」をお届けします。


スポンサーリンク



基本的には、一発のベストライディングを競う同イベント。ただし、いくつかカテゴリーがあります。イベント名となっている「O’Neill Wave of the Winter」は、一発のみのベストライディングを選ぶもので、2015/2016年シーズンはマイキー・オショーネシーが獲得。

2015/2016年シーズン「O’Neill Wave of the Winter」受賞はマイキー・オショーネシー

ウインターシーズンを通してコンスタントにベストパフォーマンスを見せたサーファーに送られる賞もあり、「Clif Bar Overall Performance Award」と呼ばれる同賞を受賞したのはコア・ロスマン。

2015/2016年シーズン「Clif Bar Overall Performance Award」受賞はコア・ロスマン

また、今年からは新たな賞として「Breakthrough Performer Award」がスタート。19歳以下の若手を対象にした同賞は、パイプマスターズのトライアルで優勝したジャック・ロビンソンが獲得しました。

2015年度メンズWCT最終戦「ビラボン・パイプマスターズ」:トライアル

さて、同イベントの対象エリアはオアフ島ノースショアとなっていますが、実際にはパイプライン、バックドア、オフザウォールがメイン。つまり、どれだけヤバいバレルをメイクしたのかがポイント。

イベント自体は11月1日からスタートし、最終日となる2月28日まで、ヤバい映像が撮影されたらイベントサイトでは常に公開されていきます。

審査は毎月行われ、月ごとのベストライドを発表していき、最終的にシーズンを通してのベストライドを決定するもの。つまり、素晴らしい映像が山ほどあるというわけで、ザ・ムービーにしたのでしょう。

シーズン中のオアフ島ノースショアで撮影された数々のバレル映像。是非ともチェックして下さい。