チャーリー・マーティンがオフシーズンのホセゴー(フランス)で当てた奇跡の2日間

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Charly Martin at France

カリブ海に浮かぶフランス海外県であるグアドループ出身のチャーリー・マーティン「Charly Martin」(26歳)。

現在はフランスのホセゴーをホームとし、WCT入りを目指しながらWQSを転戦しているサーファーです。

今回の動画は、5月の中旬、チャーリー・マーティンが現在のホームであるホセゴーでサーフした二日間のマジックセッションの映像をお届けします。


スポンサーリンク



まずはチャーリーに触れてみると、2012年以降のWQSランキングは主に60位台。ただ、2014年には22位をマークしています。2014年と言えば、ワールドツアー入のボーダーラインがWQSランク16位だったので、あと一歩でチャンスを逃していますね。

つまり、コンテストサーフィンにおいてはかなりの高みに登っているのですが、メインスポンサーが付いていないという厳しい現状。以前に紹介したスチュアート・ケネディやシルヴァナ・リマと同じですね。

厳しいプロサーファーの世界!クイックプロで脚光を浴びたスチュアート・ケネディの道のり

ブラジルの女性トップサーファー/シルヴァナ・リマが明かす女性サーファーのスポンサー事情

さて、ホセゴーと言えば、10月に開催されるワールドツアーイベントの会場として有名です。ビーチブレイクながら、ヘビーバレルがブレイクすることで知られていますね。

そのホセゴーのメインシーズンは、日本と同じ北半球に位置するので9月頃からスタート。ということで、5月はオフシーズンとも言える時期なので、興味深い動画ではないでしょうか。


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)